令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

新元号は「令和」

新元号は「令和」

2019年4月1日(月)午前11時40分、新しく5月から始まる時代の元号が発表されました。

新しい元号は「令和」- Reiwa -

「初春の月にして 気淑く風らぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす」という日本最古の歌集「万葉集」に収められた「梅花の歌三十二首 序文」を引用した日本由来の元号です。

「令和」には、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ、という意味が込められているということです。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

読売新聞さん(@yomiuri_news)がシェアした投稿 -

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

朝日新聞さん(@asahi_shimbun)がシェアした投稿 -

 

令和の書、揮毫は茂住修身氏

 

令和ゆかりの地

「梅花の歌三十二首 序文」が詠まれた宴の場所は太宰府市・坂本八幡宮のあたりといわれ、新元号発表以来多くの参拝客でにぎわっています。

 

ページトップにもどる