令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和元年】2019年8月17日(土)のニュース・出来事

令和元年八月十七日 - 2019年8月17日(土)

大安 令和109日目 令和16週目 令和4ヶ月目 

皇室

悠仁さまブータン到着

秋篠宮ご夫妻と長男悠仁さまは、民間機で私的旅行先のブータンに到着された。悠仁さまにとって初の海外旅行。

  • 王族が出迎え
  • インドのモディ首相もブータン到着
  • 17日午後、国立博物館を見学

 

国際

アフガニスタンで結婚式テロ 

アフガニスタンの首都カブール南西部にある結婚式場で17日夜、爆発があり、市民ら63人が死亡、182人が負傷した。結婚式を狙った自爆攻撃とみられる。

  • 18日イスラム国が犯行声明

国内

知人男性にわいせつ医師逮捕

  • 56歳の男性医師逮捕
  • 寝ている間にわいせつ行為
  • 準強制わいせつ容疑

芸能

ふかわりょうのストーカー逮捕

  • 41歳元女芸人逮捕
  • 仕事先に現れるなどを繰り返し警告を受けていた
  • 「好きなので会いに行った」
  • 「ふかわさんのことが好きで、結婚したいと思っていた」
  • かつてお笑いコンビ「#にわとりとたまご」で活動

 

 

 

スポーツ

高校野球11日目

第101回全国高校野球選手権大会は8強がでそろった。東北2校、関東2校、北陸1校、中部1校、近畿2校が残り、中国、四国、九州は準々決勝を前に姿を消した。

青森 八戸学院光星
山形 鶴岡東
宮城 仙台育英 
栃木 作新学院
東東京 関東第一 
富山 高岡商
石川 星稜 
福井 敦賀気比
岐阜 中京学院大中京 
大阪 履正社
兵庫 明石商
和歌山 智弁和歌山

 

 

 

広島バティスタドーピング陽性

広島のサビエル・バティスタ選手(28)がドーピング検査で陽性反応を示し、1軍登録を抹消された。禁止薬物のホルモン調節薬が検出されたという。

本人に弁明の機会が設けられ、処分が検討されたが、NPB=日本野球機構から6か月間の出場停止処分となった。 

バティスタは「今回禁止物質の陽性反応がありましたが、意図的に摂取していないことをお伝えしたいです。どうか皆様、私を信じてください。」と謝罪し、禁止薬物の意図的な摂取を否定した。

しかし、故意でないという事実を立証できず、2020年3月2日広島はバティスタとの契約を解除した。

 

▼9月3日、6カ月間の出場停止処分が決定

 

▼2020年3月2日契約解除

広島は、ドーピング違反でNPBから6カ月間の出場停止処分を受けていたサビエル・バティスタの契約解除を発表。バティスタは意図的な摂取を否定し、「信じてください」と訴えていた。

今日は何の日

夕刊紙週刊誌見出し

 

 ▼令和元年8月の事件・ニュースまとめ

 

1年後の2020年8月17日のニュース

 

ページトップにもどる