令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和元年】2019年8月22日(木)のニュース・出来事

令和元年八月二十二日 - 2019年8月22日(木)

仏滅 令和114日目 令和17週目 令和4ヶ月目 

皇室

上皇ご夫妻軽井沢ご静養に出発

  • 27日からは草津にご移動

 

国内

山形で薬剤師死亡→夫逮捕

22時20分ごろ、山形県天童東長岡3丁目の民家で住人の薬剤師・佐藤典子さん(63)が血を流し死亡しているのが見つかった。連絡が取れないという同県寒河江市に住む姉からの通報で警察が発見。複数の外傷があったという。同居60代夫と連絡が取れなくなっていたが、警視庁丸の内署に出頭し逮捕された。夫は犯行後、飛行機で東京に移動していた。

 

小2男児高知の川で死亡

高知市の川で友人4人と川遊び中の小2男児が行方不明になっていたが、翌23日心肺停止で見つかった。

一緒に遊んでいた友達は川に沈んでいく様子を目撃したものの、通報せずそのまま帰宅。「夕方、川で流されるのを見た。遊んではいけない場所だったので怒られると思い怖くなって帰った」と話した。

 

▼いじめ疑惑が浮上

https://twitter.com/a62ITkPrUTYEDHL/status/1167623105163845632

 

山下ふ頭にカジノ誘致へ

浜市の林文子市長はカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を表明した。誘致表明は首都圏の自治体で初めて。

横浜港運協会の藤木幸夫会長(通称ハマのドン)緊急会見を開き「大きく顔に泥を塗られた。俺一人になっても反対する」「我が聖地にカジノ誘致とは」「命張ってでも反対」と猛反発した。

マリーナベイサンズなどを運営する、米「ラスベガス・サンズ」は大阪での開発から撤退を表明。横浜に注力するとみられていたが、翌年猛威を奮った新型コロナウイルの影響で経営環境が悪化。2020年5月12日、日本での開発を断念すると発表した。

  • 「横浜港運協会」=山下ふ頭に倉庫などを置く港湾事業者らの団体

 

 

 

パラリンピックチケット申込開始

来年の東京パラリンピックの観戦チケットの抽せん販売の申し込みが公式販売サイトで始まった。サイトへの訪問者は午後6時時点でのべ11万人で、待ち時間はなかったという。

全体的にチケット価格は安価に設定されており、子供や高齢者らを含むグループ向けの価格は最低500円となっている。 

 

マツキヨ・ココカラ統合へ

 

 

 

スポーツ

高校野球決勝 履正社初優勝

第101回全国高校野球選手権大会の決勝は星稜(石川)が3―5で履正社(大阪)に惜敗。星稜はチーム初、石川県勢としても初となる悲願の全国制覇を逃した。星稜の先発奥川は9回11安打5失点だった。

  • 令和初の優勝校は大阪の履正社

 

今日は何の日

夕刊紙週刊誌見出し

 

 ▼令和元年8月の事件・ニュースまとめ

 

1年後の2020年8月22日のニュース

 

 

ページトップにもどる