令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和元年】2019年10月30日(水)のニュース・出来事

令和元年十月三十日 - 2019年10月30日(水)

赤口 令和183日目 令和27週目 令和6ヶ月目

国内

収監予定の女逃走

午前10時50分ごろ岸和田市上野町東の大阪地検岸和田支部の駐車場で、保釈が取り消されて薬物事件で収監予定だった49歳の岡崎公栄(旧名・野口公栄:大阪地検が訂正発表)「車に荷物を取りに行きたい」と申し出た。岡崎は待機していた車に乗り込み、制止する検察事務官の20代の男性をはねて逃走した。

11月1日、集合住宅の知人宅に潜伏していた岡崎と男の身柄を19歳年下の30歳男は息子だった。岡崎は中学時代、後藤久美子に似た評判の美少女だったという。

 

▼12月12日再逮捕

逃げた後に和泉市内の団地で確保された11月1日に留置施設で身体検査をされた際、覚醒剤約0.057グラムを所持した疑い。匿った女と息子も再逮捕された。

f:id:GLT:20191110125025p:plain

@kantele_news

 

父親の遺体を自宅で焼却

父親(70)の遺体を会社兼自宅の敷地で焼いて遺棄したとして高松市香南町のペット関連会社役員・林田崇容疑者(29)が逮捕された。父は10月30日から消息を絶っていた。

被害者である父は、老犬の世話をする会社を営み、数々の賞を受賞した有名トリマーだという。焼却炉には大量の灰が残されていた。

f:id:GLT:20191116154630p:plain

 

籠池夫妻に懲役7年求刑

森友学園の籠池前理事長夫婦が、国などの補助金をだまし取ったとされる事件の裁判で、検察は補助金申請を代行した設計業者に両被告が「多めにもろといて」などと指示しており「詐欺の認識明らか」「夫婦が一体となって行った悪質な犯行」として、夫婦にいずれも懲役7年を求刑した。 

 

初ツアー団北方領土上陸

北方領土での試験的な観光ツアーが初めて行われた。当初、27日から開始予定だったが、ロシア側の要請で延期。再調整の結果、29日午後に観光客や日本政府関係者ら44人が、北海道の根室港を船で国後島に向けて出発した。5泊6日で国後、択捉の景勝地を観光する。

 

 

 

国際 

山火事でコアラ数百匹犠牲

オーストラリアの野生動物保護当局は30日、同国東部の沿岸地域で制御不能となっている山火事で、一部のコアラ生息地でコアラ350匹前後が焼け死んだ可能性があると明らかにした。

ニューサウスウェールズ州は11月11日、大規模な森林火災が同国最大都市シドニーにも及ぶ可能性があるなどとして「非常事態」を宣言。

11月下旬、東部ポートマッコーリーのコアラ専門病院は、炎が燃え盛る現場から救助されたコアラの症状に回復が見込めず安楽死の処置を取ったと発表した。

 

▼11月11日非常事態宣言が発令された

芸能・エンタメ・結婚 

山本美月瀬戸康史真剣交際 

女優の山本美月と俳優の瀬戸康史が交際していることが「週刊文春」で報じられた。舞台稽古中の瀬戸が10月21日から5夜連続、都内にある山本の自宅マンションに宿泊していたという。

 

▼翌年8月結婚

スポーツ 

朝比奈沙羅独協医大合格

柔道女子78キロ超級で2018年世界選手権優勝の朝比奈沙羅選手(23)=パーク24=が、独協医大の医学部に合格した。

  • 五輪と医師両方目指す

今日は何の日

夕刊紙週刊誌見出し

 

▼令和元年10月の事件・ニュースまとめ

 

1年後の2020年10月30日のニュース

 

ページトップにもどる