令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和元年】2019年11月19日(火)の出来事

令和元年十一月十九日 - 2019年11月19日(火)

友引 令和213日目 令和28週目 令和7ヶ月目

国内 

鉄パイプ落下で銀行員死亡

午前、和歌山市中心部のビルの屋上から鉄パイプが落下。道路を歩いていた20歳代男性の頭に当たり、男性は病院に運ばれたが後頭部に陥没があり脳挫傷で死亡した。

落下した鉄パイプは長さ約1.5メートル、重さ約5キロ。この現場では4日前にも鉄パイプが落下する事故が起きていて、20日朝、建築会社が家宅捜索された。

f:id:GLT:20191119191404p:plain

 

岡崎のマンションに男性遺体

午前10時20分ごろ、愛知県岡崎市日名本町のマンション3階の一室で男性が血だらけで亡くなっているのを訪ねてきた母親が発見。母親から連絡を受けた知人が通報した。

職業不詳の河原薫さん(49)が頭を殴られ血まみれで死亡。首の近くに複数の傷があった。部屋には荒らされた跡があり、マンションの駐車場から男性の車が無くなっていた。

河原さんが最後に確認されたのは13日には店を出る姿。11月14日以降の足取りがつかめていないという。

f:id:GLT:20191127230719p:plain

 

千葉国道16号で女性ひき逃げ

午前3時ころ、千葉市稲毛区の国道16号で専門学校生宮田萌夏さん(19)が足から血を流して倒れて死亡しているのが見つかった。

翌日、警察はトラック運転手の金野正春容疑者(59)ひき逃げの疑いで逮捕。「人をはねた認識はない」と容疑を否認しているという。

宮田さんはバス停の安全策に腰掛けていて、彼氏が駐車場に車を取りに行っている10分くらいの間にひき逃げされていたという。

 

 

 

今日は何の日

夕刊紙週刊誌見出し

 

▼令和元年11月の事件のまとめ

 

ページトップにもどる