令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和元年】2019年11月19日(火)のニュース・出来事

令和元年十一月十九日 - 2019年11月19日(火)

友引 令和203日目 令和29週目 令和7ヶ月目

国内 

鉄パイプ落下で銀行員死亡

午前、和歌山市中心部の12階建てビルの屋上付近に設置されていた工事用の足場から鉄パイプが落下。道路を歩いていた26歳の男性銀行員の頭に当たり、病院に運ばれたが後頭部に陥没があり脳挫傷で死亡した。

落下した鉄パイプは長さ約1.5メートル、重さ約5キロ。この現場では4日にも鉄パイプが落下する事故が起きていて、20日朝、建築会社が家宅捜索され、社長は「誠心誠意かけてつぐなっていきたい」と謝罪した。

f:id:GLT:20191119191404p:plain

 

岡崎のマンションに男性遺体

午前10時20分ごろ、愛知県岡崎市日名本町のマンション3階の一室で、男性が頭を殴られ血まみれ亡くなっているのを訪ねてきた母親が発見。連絡を受けた知人男性が通報した。

死亡したのは職業不詳の河原薫さん(49)首の近くに複数の傷があり、部屋には荒らされた跡があった部屋や車の鍵、財布、スマートフォン、防犯カメラの記録媒体、マンションの駐車場からは男性の車など計約90万円相当が奪われたが、車は6km離れた公園で発見された。

河原さんが最後に確認されたのは13日に店を出る姿。11月14日以降の足取りがつかめていない。河原さんは個人的に金を貸し付け、一部については警察に相談が寄せられていたという。

年が明けて2020年2月4日、岡崎市栄町4・土木建築会社社長・鈴木悠太(37)、鈴木の会社の従業員の岡崎市戸崎元町・土木作業員林淳一(40)強盗殺人の疑いで逮捕された。鈴木の会社は経営状態が厳しくなっていて、闇金から2000万円の請求書が来ていたという。

2020年3月24日、犯人に被害者の自宅などの情報を伝えたとして、岡崎署は同市の自営業の男と同県安城市の会社役員の男の2人を、窃盗ほう助と住居侵入ほう助の疑いで書類送検した。 

 

▼2020年2月4日犯人二人が逮捕された

 

f:id:GLT:20191127230719p:plain

f:id:GLT:20200205234607j:plain

f:id:GLT:20200205234631j:plain

 

千葉国道16号で女性ひき逃げ

午前3時ころ、千葉市稲毛区園生町の国道16号で専門学校生宮田萌夏さん(19)が足から血を流して倒れ、死亡しているのが見つかった。宮田さんはバス停の安全策に腰掛けていて、彼氏が駐車場に車を取りに行っている10分くらいの間にひき逃げされていたという。

翌日、警察はトラック運転手の金野正春容疑者(59)ひき逃げの疑いで逮捕。「人をはねた認識はない」と容疑を否認している。

 

 

 

今日は何の日

夕刊紙週刊誌見出し

 

▼令和元年11月の事件・ニュースまとめ 

 

1年後の2020年11月19日のニュース 

 

ページトップにもどる