令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和元年】2019年12月4日(水)の出来事

令和元年十二月四日 - 2019年12月4日(水)

赤口 令和228日目 令和31週目 令和8ヶ月目

皇室

大嘗祭後賢所御神楽の儀

夕方、天皇皇后両陛下は皇居宮中三殿の賢所に参拝し、天皇陛下の即位に関する一連の儀式を終えられた。

  • 大嘗祭後賢所御神楽(だいじょうさいごかしこどころみかぐら)の儀

国内 

はとバス追突下敷き男性死亡

午後6時35分ごろ、新宿区西新宿の交差点付近で、停車ていたハイヤーに「はとバス」の観光バスが追突。そのまま乗り上げ下敷きとなったハイヤーの50代の男性運転手が死亡した。

逮捕されたバスのドライバーはいったん釈放され入院し、検査の結果インフルエンザに罹患していることがわかった。事故当時は38度を超える高熱があったとみられるが「穴あけると仕事来なくなる」との思いから体調不良を押して乗務し、事故前後の記憶がないという。

後日「はとバス」本社には捜索が入った。

 

新潟小2女児殺害無期懲役

昨年5月、新潟市西区で小学2年の女子児童を殺害し線路に遺棄した小林遼(25)の裁判員裁判が11月8日から新潟地裁で始まった。

「首を絞めたのは静かにしてもらうためで殺意はなかった」「わいせつの意図はなかった」と主張した。

遺族は「最も重い刑にしていただきたい」とコメントを発表。裁判では父と母が「娘は何度も殺された」「一切謝罪ない」「死刑でも収まらない」と訴えた。娘の残したアイスは今も冷凍庫に残されているという。

検察側は「まれに見る悪逆非道な犯行」「反省の態度はなく更生は極めて困難だ」として死刑を求刑。

弁護側は、傷害致死罪にあたり長くて懲役10年の刑が相当だとと主張。判決は無期懲役となった。

  • 元同僚、被告は「うそでごまかす性格」

 

▼死刑求刑

 

▼12月4日無期懲役の判決が下った

 

▼12月被告・検察双方が控訴した

12月11日小林遼被告の弁護人は無期懲役とした4日の新潟地裁の裁判員裁判判決を不服として控訴した。

 

 

 

国際

中村哲医師アフガンで銃撃死亡

アフガニスタンで長年、農業用水路の建設など復興に携わってきたNGO「ペシャワール会」代表の医師・中村哲さんが、州都ジャララバードを車で移動中に何者かに右胸を撃たれ東部ナンガルハル州の病院で死亡が確認された。

州政府知事は事前に中村さんが襲撃を受ける可能性があるとの情報があり、中村さんに関する警備を強化していたという。通常警備員は中村医師の車の荷台にいるが、銃撃時は後続車にいたという。銃撃20秒ほどの短時間に行われたことから、訓練を積んだグループによる周到な犯行とみられ、パキスタンなまりの若者数人ではないかと疑われている。襲撃の背景には用水路の水利権が絡んでいるとの見方もあるという。

中村哲さんは、上皇ご夫妻と20年にわたり親交があり、一時帰国した今年3月6日にも御所で懇談。上皇ご夫妻は河相周夫上皇侍従長を通じて中村さんの遺族に弔意を伝えられた。突然の訃報に「驚き、深い悲しみを覚えているご様子だった」という。

事件現場となったナンガルハル州以外でも追悼集会が開かれるなど、アフガン全土でも追悼の輪が広がり、前大統領も哀悼の意を表した。

13年ぶりに来日した人気ロックバンドU2さいたまスーパーアリーナでのコンサートで「一瞬でいい、皆の思いを寄せよう。偉大なる中村哲医師に。ピース・ジャパン、ペシャワール会。偉大な、寛大な国が生んだ、偉大な1人の人間、中村哲医師を追悼して」と呼びかけ、キング牧師に捧げた「プライド」などを熱唱。観客が一斉にスマートフォンのライトをともし、その死を悼んだ。

 

中村医師には旭日小綬章が贈られた。

プライド

プライド

  • U2
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

ハワイ米軍基地で銃撃

現地時間14時半ごろ、ハワイ・オアフ島の真珠湾にある米軍基地内の海軍造船所で銃撃事件があった。撃たれた施設で働いていた民間作業員3人のうち2人が死亡。容疑者は潜水艦乗組員の男で、頭を撃って自殺。米軍は施設を一時閉鎖している。施設内に個人の銃を持ち込むことは禁じられているという。

芸能・エンタメ・結婚 

神田沙也加と村田充離婚

 

▼既に新恋人も

 

▼1月15日新恋人がジャニーズを脱退

 

新恋人の秋山大河が1月31日をもって事務所を退所。コレオグラファーの道を目指すという。同時に所属するジャニーズJr.のグループ「MADE」も解散。08年から活動し嵐やNEWSなどのバックダンサーを務めてきた。

f:id:GLT:20200124233237p:plain

 

酒井法子会社役員と交際

酒井法子が、東証1部上場企業の専務と交際していることがわかった。都内の高級ステーキ店で夕食を共にする姿を「週刊文春」が報じた。

「彼は都銀を経て2006年に入社。その後の11年間で専務にまで出世したエリートです。がっちりとした体格ですが、根は穏やかで包容力のあるタイプ」だという。

今日は何の日

夕刊紙週刊誌見出し

 

▼令和元年12月の事件のまとめ

 

ページトップにもどる