令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和元年】2019年12月23日(月)の出来事

令和元年十二月二十三日 - 2019年12月23日(月)

先勝 令和247日目 令和32週目 令和8ヶ月目 満月

皇室

上皇陛下86歳のお誕生日

国内 

ブラック企業大賞は三菱電機

「ブラック企業大賞2019」の発表・授賞式が23日、都内でおこなわれ、三菱電機が史上初めて2年連続で大賞に選ばれた。立て続けに複数の社員が過労で自殺していた点などを問題視した。

 

 

 

国際

ボーイングCEO辞任

米ボーイング は、ミュイレンバーグCEOの辞任を発表した。2度の墜落事故を起こし運航停止中の 737MAX 問題の責任を取った。後任にはカルフーン会長が来年1月13日付で就き、米航空当局との関係を修復し経営の立て直しを図る。

 

カショギさん暗殺で5人死刑

サウジアラビア人ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏の殺害事件をめぐり、サウジの検察当局は23日、5人に死刑判決が言い渡した。

スポーツ  

村田諒太TKO勝ち

WBA=世界ボクシング協会ミドル級チャンピオンで2012年ロンドン五輪金メダリストの村田諒太が、王座復帰後初めての防衛戦で、カナダの挑戦者スティーブン・バトラーをを第5ラウンド、テクニカルノックアウトで破り、初防衛に成功した。

リング上でのインタビューでは「控室ですごく調子が良くて、序盤は空回って『やべー』と思った」と語った。

村田に敗れたバトラーは、敗れたショックで取材に応じなかった。代理の説明者は「体調は大丈夫だが精神的にダメージを受け、がっかりしています」と話した。

 

今日は何の日

夕刊紙週刊誌見出し

 

▼令和元年12月の事件のまとめ

 

ページトップにもどる