令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和2年】2020年1月8日(水)のニュース・出来事

令和二年一月八日 - 2020年1月8日(水)

先勝 令和253日目 令和37週目 令和9ヶ月目 

国内 

競艇元選手ら八百長で逮捕

昨年7月2日に琵琶湖モーターボート競走場で行われた2レースで、故意に着順を遅らせるなどの八百長をした見返りに、利益の600万円を折半した300万円受け取ったとして、東京都練馬区の競艇選手・西川昌希と、親族で津市の会社員・増川遵が逮捕された。

西川はレース直前にスマートフォンを不正に持ち込み、増川と連絡を取り合い、増川は舟券をインターネットで購入。配当金を受け取る専用の口座を設け、多額の出入金記録があり、昨年秋ごろには数億円の預金があった。西川が競馬にのめり込んで金に困り、増川容疑者に不正を持ち掛けたとみられる。西川は2009年にデビュー、去年9月に引退している。

10月、意図的に着順を遅らせるなどした見返りに現金約3700万円を受け取ったとして、モーターボート競走法違反(収賄など)罪に問われた西川の判決で、名古屋地裁は懲役3年、追徴金3725万円(求刑懲役4年、追徴金3725万円)の実刑判決言い渡した。

 

東進講師中絶強要未遂で逮捕

妊娠した不倫相手の元教え子で30代の女性どうしても子を産むなら、わいせつな動画を拡散する」などと脅し、中絶を迫ったとして「東進ハイスクール」講師の板野博行(56歳・習志野市)が強要未遂容疑で逮捕された。容疑者は既婚で、教え子だった女性と不倫関係だったという。

  • 古文単語『ゴロゴ』などの著者

国際

ヘンリー王子夫妻高位王族退く

英国のヘンリー王子(35)とメーガン妃(38)は「『高位』王族としての地位から身を引き、経済的独立に向けて取り組むと同時に、引き続き女王陛下を全面的に支援する」と表明。今後は北米で過ごす時間を増やすという。高位王族は一般的には王位に近い存在で、王に代わって公務を頻繁に行うものとされる。ヘンリー王子は王位継承順位6位。

事前の相談なく、エリザベス女王の意向に背いて発表を強行した夫妻の決定に、バッキンガム宮殿は「失望している」と声明を発表。女王を含む主要王室メンバーは側近らに対し、早急な問題解決を要請した。

1月13日、英王室は緊急会合を開催。エリザベス女王が招集したもので、ヘンリー王子のほか、チャールズ皇太子、ウィリアム王子がサンドリンガム離宮に集まった。 女王は、夫妻が一定の移行期間、カナダと英国とを往来するのを認める意向を明らかにし、2人の意向を尊重するとして独立を容認。夫妻は王室から離脱し「殿下」の敬称を返上することになった。「半分王族、半分私人」を望んでいた夫妻だが、自由を手に入れる代償として当初の希望よりも厳しい「離脱」条件を受け入れたとみられる。

1月19日、ヘンリー王子が、王室の決定は「大きな悲しみ」「私たちの望みは公費なしで女王、英連邦、軍組織に仕えることだった。残念ながらそれは不可能だった」と自ら思いを語った。

ウィリアム王子とヘンリー王子は兄弟関係を巡る不仲説を一蹴する共同声明を発表。メーガン妃と不仲の実父は「王室の権威失墜」と批判。メーガン妃はディズニーと契約したともいわれている。カナダのビル・ブレアー公安相は、英国のヘンリー王子とメーガン妃の警護費用の負担を3月中に停止すると発表した。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 

“After many months of reflection and internal discussions, we have chosen to make a transition this year in starting to carve out a progressive new role within this institution. We intend to step back as ‘senior’ members of the Royal Family and work to become financially independent, while continuing to fully support Her Majesty The Queen. It is with your encouragement, particularly over the last few years, that we feel prepared to make this adjustment. We now plan to balance our time between the United Kingdom and North America, continuing to honour our duty to The Queen, the Commonwealth, and our patronages. This geographic balance will enable us to raise our son with an appreciation for the royal tradition into which he was born, while also providing our family with the space to focus on the next chapter, including the launch of our new charitable entity. We look forward to sharing the full details of this exciting next step in due course, as we continue to collaborate with Her Majesty The Queen, The Prince of Wales, The Duke of Cambridge and all relevant parties. Until then, please accept our deepest thanks for your continued support.” - The Duke and Duchess of Sussex For more information, please visit sussexroyal.com (link in bio) Image © PA

The Duke and Duchess of Sussex(@sussexroyal)がシェアした投稿 -

 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 

at tonight’s dinner for supporters of Sentebale in London Video © SussexRoyal

The Duke and Duchess of Sussex(@sussexroyal)がシェアした投稿 -

 

▼二人の発表を受け英王室は失望を表明

 

▼翌日は兄嫁キャサリン妃の誕生日でもあった

 

▼女王からのクリスマススピーチの際もヘンリー王子一家の写真が飾られていなかった

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 

Merry Christmas! This year The Queen's Speech was filmed in the Green Drawing Room at Windsor Castle. It will be broadcast on Christmas Day at 3pm GMT. This year also marked the 75th Anniversary of D-Day and in The Queen's Christmas Speech Her Majesty will reflect on the commemorations. "For the Seventy-Fifth Anniversary of that decisive battle, in a true spirit of reconciliation, those who had formerly been sworn enemies came together in friendly commemorations either side of the Channel, putting past differences behind them. . "By being willing to put past differences behind us and move forward together, we honour the freedom and democracy once won for us at so great a cost.” Watch The Queen's Christmas broadcast on TV, radio and online here tomorrow at 3pm GMT.

The Royal Family(@theroyalfamily)がシェアした投稿 -

 

▼1月21日ヘンリー王子カナダへ

 

3月最後の公務

 

カルロスゴーンレバノンで記者会見

カルロス・ゴーン被告は記者会見で、自身を同社から追放するのに関わった主要人物として、西川広人前社長のほか、前副社長の川口均氏、前監査役の今津英敏氏、経済産業省出身の社外取締役・豊田正和氏ハリ・ナダ専務執行役員の名前を列挙。自らを陥れたと批判し、豊田氏は日本の当局とつながっていたと語った。

名指しで批判された豊田社外取締役は「法律違反して国外に出ている人の自作自演にお付き合いしている暇はない」と述べた。

ゴーンは、逃亡時期を年末にした理由について「人々はリラックスし、休暇を取り、スキーに出かけたりする時期だからだ。良いタイミングだった。逮捕されたときは驚かされたが、出国では彼らを驚かせた」と答えた。

ゴーンは、逃亡劇前にハリウッドの映画プロデューサーと面会日本の司法制度を「ヴィラン(悪)」とした映画のプロットを提案していたという。

 

 

 

▼森雅子法相が深夜に会見

ゴーン被告の会見を受け、森雅子法相は9日午前0時40分すぎから臨時の記者会見を開き「主張すべきことがあるなら、正々堂々とわが国の公正な裁判所の判断を仰ぐことを強く望む」と述べ、日本に戻って公判に臨むよう呼び掛けた。日本側の正当な主張を速やかに世界に発信するため、国際世論に理解を求めるため、極めて異例となる未明の会見。森法相は9日朝にも2度目の臨時会見を開き、改めて反論した。

 

▼1月30日ゴーン氏ら3人に逮捕状

東京地検特捜部は、出国審査を受けずにプライベートジェットで不正に出国したとしてカルロス・ゴーン被告(65)について、出入国管理法違反の疑いで逮捕状を取った逃亡に協力した米陸軍特殊部隊の元隊員マイケル・テイラー氏と息子ら3人についても犯人隠避などの疑いで逮捕状を取り、逃亡の詳しい経緯の解明を進めている。ゴーン容疑者と協力者の男は弘中事務所などで6回面会していたという。

 

 

12月29日日本脱出

 

▼5月、協力者2人が逮捕された 

 

 

ウクライナ旅客機イランで墜落

イランの首都テヘランのイマム・ホメイニ空港で、ウクライナ国際航空のボーイング737‐800型機が離陸直後に墜落し、乗客乗員176人全員が死亡。多数のカナダ人が犠牲になった。カナダメディアによると、カナダでは東部トロントだけでイランにルーツを持つ住民が約10万人いる。

イランは当初「技術的問題」で「墜落原因はテロ・ミサイルではない」としていたが、誤って撃墜したことを認めた。イランの防衛システムがウクライナ機を敵の巡航ミサイルと誤認し、短距離ミサイルで撃墜したという。「故意ではなく、人的ミスだ」と強調している。

ウクライナのゼレンスキー大統領はイランのロウハニ大統領との電話会談で正式な謝罪を受けたことを明らかにした。

安倍晋三首相は11日午前、カナダのトルドー首相と電話で協議し、イランでウクライナ航空機が墜落し、多数のカナダ人が犠牲になったことについて哀悼の意を伝えている。

  • ウクライナ機は2016年製 2日前に整備済
  • イラン人82人、カナダ63人らが搭乗
  • 主要航空会社はイラン領空の飛行を回避

 

▼1月11日イランが誤射による墜落だったと認めた

イラン軍は、国営テレビを通じて声明を発表し、同国で墜落したウクライナ機について、人為的ミスで撃墜したと認めた。ザリフ外相はソーシャルメディアで、米国の「冒険主義」が遠因と指摘した。

 

イランが米軍基地をミサイル攻撃

イラン国営テレビは、イランがイラク国内の駐留米軍基地に15発のミサイルを発射し、少なくとも80人の「米国のテロリスト」が死亡したと報じた。トランプ大統領は米兵に死傷者はないとの見解を示している。

イランはミサイル攻撃をソレイマニ氏殺害の報復と明言したうえで、アメリカの同盟国に「敵対行為の拠点はどこも攻撃対象になる」と警告。イスラエルも攻撃対象だとしている。イランの革命防衛隊は、攻撃の作戦名を「殉教者ソレイマニ」と発表した。

 

▼米国大使館付近でも攻撃があった

米国などの大使館があるグリーンゾーンにロケット弾2発が撃ち込まれた。

 

 

 

芸能・エンタメ・結婚 

日赤「ジャニー基金」設立

日本赤十字社は、昨年7月に亡くなったジャニー喜多川さんから贈られた5億円の寄付金を基に「ジャニー基金」を設立すると表明。ジャニー喜多川さんの遺志によりジャニーズ事務所が5億円を寄付した。日本赤十字社医療センターにおいて入院患者の生活環境向上などに活用される。ジャニー喜多川さんには金色有功章が贈呈された。

 

7月9日死去

今日は何の日

 

1年後の2021年1月8日のニュース

夕刊紙週刊誌見出し

 

▼令和2年1月の事件・ニュースまとめ

 

▼令和2年のニュース・出来事まとめ

 

ページトップにもどる