令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和2年】2020年1月28日(火)の出来事

令和二年一月二十八日 - 2020年1月28日(火)

仏滅 令和293日目 令和39週目 令和9ヶ月目 

国内 

新型コロナウイルス影響拡大

国内で日本人初感染

奈良県在住のバス運転手の男性が中国武漢への渡航歴のない日本人として初めて新型のコロナウイルスに感染していることが確認された。日本で初の「ヒトからヒト」感染となった。

バス運転手は1月8~11日に大阪から東京へ、12~16日に東京から大阪へと、武漢からのツアー客を乗せ成田空港と関西空港を利用していたほか、1月16日に奈良公園にも立ち寄っていたことが判明。

バスの乗客に「明らかに肺炎のような症状の方がいたということは今のところは聞いてない」という。

 

▼1月29日同乗ガイドの感染も確認された

大阪市内に住むツアーガイドの40代中国人女性が新型コロナウイルスウイルスに感染していることが新たに確認された。女性は、28日に感染が確認された奈良県に住む運転手の男性と同じバスに乗務し、中国の武漢からきたツアー客と行動していたという。大阪市内の病院に入院している。

 

▼1月31日千葉の中国人ガイドの感染も確認された

奈良県在住の日本人バス運転手と同じツアーガイドをしていた千葉県の在住の20代女性ガイドが、ウイルスに感染していることが確認された。20日頃からせきと鼻水の症状があり、30日に医療機関を受診。31日現在、せきなどの症状はなく入院はしていないという。

女性は武漢の人と接触がなく、奈良県のバス運転手からの三次感染とみられる。

 

チャーター機第一便羽田出発

20時半過ぎ、チャーター機第一便が羽田を出発し、午前5時57分、206人の在留邦人を乗せ武漢を出発。29日午前8時40分ごろ羽田空港に到着した。機内では、医師や看護師の診察が行われた。

帰国した人は全員が日本国籍。内訳は男性185人、女性21人。4人は12歳以下の子供で、9人は60歳以上だった。感染源となった海鮮市場の近くや空港付近に居住している人が中心だという。

邦人 搭乗前検査で発症者は認められなかったが、この便での感染者は最終的に4名になった

帰国した206人のうち5人が感染症指定医療機関の荏原病院や都立駒込病院などに搬送され、8人に発熱やせき、頭痛などの症状があり帰国者12人が入院した。191人は、特段の症状は認められなかった。

 

検査などに同意が得られなかった2人は、説得に当たった政府職員を動画で撮影するなどして抵抗。検疫官に自宅まで送られ帰宅したが、世間から猛バッシングを受け翌日検査に同意した。

政府はチャーター機で帰国する在留邦人に対し、1人当たり税別約8万円の正規エコノミー料金を請求する方針だったが、これを撤回している。

帰国した邦人の代表は「現地に残っていて非常に不安に思っていたところ迅速にチャーター便で帰国することができてほっとしている」と語った。

 

 

▼政府の要請を拒否し検査を受けず帰宅した2名に批判が集まった

  • 翌日検査を受けたいと申し出

 

▼宿泊の人たちは勝浦市のホテル三日月が受け入れた

帰国した人のうち、自宅に戻る人は、家族や勤務先の車によって途中でどこかに立ち寄ることなく帰宅。その後は外出を控えて自宅で待機。

症状のない人で宿泊する人は、政府が用意したバスによって国立国際医療研究センターから千葉県勝浦市内のホテルに移動し、ホテルの部屋で待機することとなった。

千葉県は職員や保健師をホテルに派遣したほか、近くの亀田総合病院から医師や看護師についての支援を受けながら滞在者の対応にあたる考えを示した。

用意した客室160室に対し、滞在希望者は約200人となったため、人数分の客室が用意できず一部は相部屋となった。しかし、ホテルに滞在した無症状者が2名感染していることが翌30日朝になって発覚。しかも2名とも相部屋で過ごしていたという。

 

▼第二便は29日夜羽田を発ち、30日朝羽田に戻るという。

外務省は、第2便を29日夜8時ごろに羽田空港から現地に出発させる予定だと発表。日本時間の30日午前4時ごろに帰国希望者を乗せて出発、そして午前7時半ごろに羽田空港に到着する予定だとしている。

第二便で帰国したのは210人で、男性が193人、女性が17人。12歳以下の子どもが6人、60歳以上が12人で、このうち65歳以上は5人だった。搭乗前の検査で発熱や咳のため搭乗を断られた人が2人いた。

搭乗者の13人に咳や発熱の症状があり、帰国した人のうち26人が入院した。

第一便では検査拒否者がいたため、第二便の帰国者には検査を受けることを搭乗の条件とした。

 

▼各国が武漢からの自国民救出に乗り出した

600人以上の国民が武漢に滞在しているオーストラリアでは、乳幼児や高齢者を優先して退避させる。入国時には、インド洋にある豪領のクリスマス島に設ける隔離施設で検疫をして、14日間はとどまるよう求めるという。

 

マスクがアジア中で品薄に

 

その他コロナニュース

英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により中国発着便を全便欠航すると発表。英外務省からの勧告を受けたもので、直ちに実施するとしている。

 

 ▼1月11日初の死者が出た

 

新型肺炎特集はこちら

 

 

 

スポーツ  

大相撲初場所徳勝龍初優勝

今日は何の日

夕刊紙週刊誌見出し

 

▼令和2年1月の事件のまとめ

 

ページトップにもどる