令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和2年】2020年2月12日(水)のニュース・出来事

令和二年二月十二日 - 2020年2月12日(水)

先勝 令和288日目 令和42週目 令和10ヶ月目 

コロナウイルス

ダイプリで検疫官感染

新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」について、厚生労働省は同船の検疫に対応した検疫官1人の新型ウイルス感染を発表した。検疫官の感染判明は初めて。

13日には新たに44人の感染が確認され厚生労働省は高齢者や持病のある人らについては健康に配慮し、検査で陰性が確認されれば下船を認める方針を決めた。

国内 

財布の金が減る接骨院逮捕

愛知県の接骨院の常連だった男性客が、通うたびに財布から現金がなくなるため不審に思い、1~15と通し番号を書い1万円札を入れ財布を施術台下のかごに置いた。すると1万円札2枚が不明となったため、警察が接骨院を家宅捜索したところ、1、2番と書かれたお札が見つかったという。

 

さかなクン参院調査会出席

「お魚博士」として活躍する東京海洋大客員准教授でタレントのさかなクンが、参院国際経済・外交に関する調査会に参考人として出席。「魚のおいしさや大切さを多くの人に共感してほしい」「一人ひとりが実際に自然に触れ、ギョ(五)感で学ぶことが重要です」と述べた。「水産資源の管理と保護について」を巡っては、温暖化で「悪者にされている」など、ウニの悲哀を語った。参院規則は委員会室での帽子の着用を禁じているが、トレードマークであるハコフグを模した帽子は「品位や礼節を欠くものではない」として例外的に認められた。

記者団の取材に応じたさかなクンは、汗びっしょりになりながら「普段のギョ(五)百倍緊張しました」と感想を述べた。また「帽子」は皮膚の一部だと言い「魚の世界にも、人間の世界にも多様性がある。(着用を)認めていただきありがたいと述べた。

 

 

 

スポーツ  

BMX榊原魁が昏睡状態

東京五輪にオーストラリア代表として出場を目指す自転車BMXの榊原魁がオーストラリアで開かれた試合中に転倒、頭部外傷を負い昏睡状態重体となった。東京五輪への出場は厳しい情勢となった。

f:id:GLT:20210122180658p:plain

今日は何の日

 

1年後の2021年2月12日のニュース

夕刊紙週刊誌見出し

 

▼令和2年2月の事件・ニュースまとめ

 

▼令和2年のニュース・出来事まとめ

 

ページトップにもどる