令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和2年】2020年4月30日(木)のニュース・出来事

令和二年四月三十日 - 2020年4月30日(木)

大安 令和366日目 令和53週目 令和12ヶ月目

コロナウイルス

とんかつ店主火災で死亡

都内のとんかつ店で火災があり、3代目店主の男性が全身やけどで死亡した。男性は東京五輪の聖火ランナーに選ばれていた。感染拡大で大会は延期、店も営業縮小に追い込まれ、先行きを悲観するような言葉を漏らしていた。

 

マドンナ抗体検査陽性

マドンナさんが「先日、検査を受けたところ、私には抗体があることが分かった。明日は長いドライブに出かけ窓を開けて新型コロナの空気を吸おう」などと動画で語った。抗体検査は、微量の血液から感染歴や免疫の有無を調べるもの。

国内

男児焼死遺族が提訴

2016年11月、東京・明治神宮外苑で開かれたイベントで展示作品である木製のジャングルジムのオブジェが燃え、遊んでいた5歳の男児が死亡。男児の両親らが、作品を出展した大学側とイベント主催会社に1.2億円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。

遺族側は学生らが出火の危険性を予見でき、指導教員も指導する注意義務があったと主張。主催会社も安全に配慮する義務を怠ったと訴えた。

 

三菱UFJ信託銀行社員逮捕

品川区のマンションで20代の女性が部屋に入ろうとしたところを、後ろから襲われ性的暴行をされた上で携帯電話を奪われた。

警視庁捜査1課は帰宅中の女性を待ち伏せ乱暴しようとしたとして、強盗強制性交等容疑などで、三菱UFJ信託銀行行員・平野文一(56)を逮捕。男は「女性を狙ってやった」と容疑を認めている。

 

 

f:id:GLT:20200501193633p:plain

 

同居女性に暴行死亡

前橋市で同居の女性をDVで死亡させたとして男が逮捕された。女性の体には多数のあざがあり死因は外傷性ショックだった。

 

 

 

 

 

ページトップにもどる

芸能・エンタメ

上原さくら出産

タレントの上原さくらが出産。22日に自身と夫のブログを通じて妊娠中であることを明かしていた。

 

▼4月22日妊娠を報告していた

 

訃報・おくやみ

狂言師善竹富太郎さん40歳コロナ

大蔵流狂言師の善竹富太郎さんが午後7時54分、新型コロナウイルス感染に伴う敗血症のため東京都渋谷区の病院で死去した。40歳。4月9日に倒れ、後日新型コロナウイルス感染が判明。いったん快方に向かった、敗血症を起こしたという。曽祖父の弥五郎さんは狂言界で初めての人間国宝。

 

今日は何の日

夕刊スポーツ紙週刊誌見出し

 

▼令和2年4月の事件・ニュースまとめ

 

ページトップにもどる