令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和2年】2020年5月21日(木)のニュース・出来事

令和二年五月二十一日 - 2020年5月21日(木)

友引 令和387日目 令和56週目 令和13ヶ月目

国内

黒川弘務検事長賭け麻雀で辞任

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の発令中に新聞記者らと賭けマージャンをした東京高等検察庁の黒川弘務検事長(63)が辞職した。稲田伸夫検事総長は「国民の信頼を揺るがしかねない深刻な事態で、国民の皆様におわびを申し上げます」と陳謝。

辞意を固めた東京高検の黒川弘務検事長(63)はひょうひょうとした気さくな人柄で知られ、政治家とは与野党問わず緊密に付き合っていた。

森雅子法相は22日、この問題で安倍晋三首相に進退伺を提出。安倍首相は慰留したという。

黒川検事長をめぐっては、検察庁法改正案の今国会成立が黒川氏の定年を延長するためではないかとの疑念が左派の間に蔓延。芸能人を巻き込み改正案反対の大キャンペーンが打たれ、黒川検事長宛に「次の検事総長だと!」などという手紙と共にカッターナイフ入り封筒届くなど大騒動になり、改正案成立が見送られていた。

黒川検事長の退職金は約6600万円になるといい、左派の怒りに火を注いでいる。

 

 

 

 

ページトップにもどる

芸能・エンタメ

相武紗季第2子出産報告

女優、相武紗季が第2子を出産していたことが分かった。所属事務所は「先日、出産したのは事実です。母子ともに健康です。仕事復帰は体調を見ながら考えることになると思います」とコメント。

21日、自身のインスタグラムを更新し、第2子となる女児を出産したことを報告した。相武は「私は相変わらず元気です。気にかけてくださった皆様ありがとうございます」とした。

今日は何の日

 

1年前の5月21日のニュース・出来事

夕刊スポーツ紙週刊誌見出し

 

▼令和2年5月の事件・ニュースまとめ

 

ページトップにもどる