令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和2年】2020年5月22日(金)のニュース・出来事

令和二年五月二十二日 - 2020年5月22日(金)

先負 令和388日目 令和56週目 令和13ヶ月目

国内

狂犬病14年ぶり確認

愛知県豊橋市で14年ぶりに狂犬病が確認された。患者は静岡市在住外国籍。昨年9月フィリピンで左足首を犬にかまれ、現地で医療機関を受診することなく今年2月に就労のため来日。5月11日から足首や腰の痛み、水を怖がるなどの特徴的な症状を訴えていた。

狂犬病は、日本国内では1956年の1人を最後に撲滅状態だが、アジアやアフリカなどの発展途上国を中心に感染者が出ている。

 

6月13日男性が死亡した

 

令和納豆炎上

 

千曲川で兄弟行方不明

長野県千曲市内川に住む7歳の兄と4歳の弟が、夕方自宅を出たまま行方不明になっていると家族から通報があった。弟は23日に市内を流れる千曲川で流木のようなものにつかまった状態のところを無事救助。

兄の千曲市立五加小2年の中村士(つかさ)君は、26日午後1時50分ごろ自宅から約1キロ離れた川の中で遺体で見つかった遊んでいる最中に千曲川に流されたとみられる。

f:id:GLT:20200603224822p:plain

国際

全人代開会

中国の国会に相当する全国人民代表大会(全人代)が開幕した。出席者やメディア、外交官にPCR検査を義務付け、人民大会堂を埋めた代表はマスク姿で犠牲者に黙とうを捧げるなど異例の厳戒態勢となった。

今年の全人代では国家安全法導入が提案された。これは香港の反政府活動を摘発するための治安法制で、成立すると香港での「一国二制度」が重大危機に直面することになる。米国や香港の民主派は香港の自由への攻撃だと非難しており、経済中心地のデモ再燃の恐れが出ている。

 

パキスタンで国内線旅客機墜落

パキスタン南部カラチで2、乗客乗員計99人が乗ったパキスタン国際航空の旅客機が着陸直前に墜落した死者は97人、生存者は2人

航空当局者はパイロットが「技術的問題に直面している」と交信で語っていたと明かしていて、着陸のための車輪を出せなかったという情報があり再着陸を試みるため住宅街上空を飛行していたとみられる

犠牲者にはハムスタイルアワードで最優秀女性モデルを受賞した、パキスタンのトップモデルの1人であるザラアビドさんが含まれている。

また生存者のうちの1名はパンジャビ銀行CEOのザファル・マスウード Zafar Masud氏。ザファル氏は伝説のボリウッド映画監督カマールアムロヒ Kamaal Amrohi のいとこの孫。この事故では妻子が犠牲になった。

 

 

 

ページトップにもどる

今日は何の日

 

1年前の5月22日のニュース・出来事

夕刊スポーツ紙週刊誌見出し

 

▼令和2年5月の事件・ニュースまとめ

 

ページトップにもどる