令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和2年】2020年7月2日(木)のニュース・出来事

令和二年七月二日 - 2020年7月2日(木)

仏滅 令和429日目 令和62週目 令和15ヶ月目

コロナウイルス

NEWおだまLee男爵でクラスター

鹿児島市で新型コロナウイルスの感染が確認された40代の女性の親族など濃厚接触者9人のうち、8人が陽性だったことが分かった。女性の職場は繁華街・天文館のニューハーフショーが楽しめるショーパブ「NEWおだまLee男爵」(鹿児島市船津町)。市は集団感染=クラスターとみていて、県を通じて厚生労働省のクラスター調査班を要請したという。市は「県外客から持ち込まれた可能性が高い」との認識を示した。NEWおだまLee男爵関連の感染者は100人を超えている。

 

 

f:id:GLT:20200703151258p:plain

f:id:GLT:20200729002742p:plain

国内

八潮の小中学生3453人食中毒

埼玉県は、同県八潮市の全市立小中学校計15校で給食を食べた児童と生徒、教員計3453人が病原大腸菌による食中毒を発症したと発表した。市内の給食センターが提供した給食による集団食中毒と認定され、下痢や腹痛を訴えたが重症者はおらず、全員快方に向かっている。

 

関東上空に火球

午前2時32分ごろ、関東上空に極めて大きな流れ星(火球)が広い範囲で目撃された。関東の各地では、雷が落ちたような大きな爆発音聞こえたという。火球の音が聞こえた例は極めて珍しい。

専門家は「瞬間的に満月よりも明るく輝いていて、小惑星などのかけらなどが大気圏に突入して燃え尽きる際に特に強く光る、火球と呼ばれる現象だ。実際に音が観測されるのはかなり珍しい。かけらは数センチ以上あるとみられ、地表まで到達している可能性がある」と話した。

巨大な流れ星(火球)は、直径50cmほどの隕石だった可能性があることがわかり、日本流星研究会が軌道の解析を急いでいる。

 

 

 

 

ページトップにもどる

芸能・エンタメ

武田真治結婚

武田真治が歯科衛生士の資格を持つモデルの静まなみと結婚。武田が通う歯医者で出会った。

今日は何の日

 

1年前の7月2日のニュース・出来事

夕刊紙週刊誌見出し

 

▼令和2年7月の事件・ニュースまとめ

 

ページトップにもどる