令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和2年】2020年7月13日(月)のニュース・出来事

令和二年七月十三日 - 2020年7月13日(月)

先負 令和440日目 令和63週目 令和15ヶ月目

国内

術後わいせつ医師に逆転有罪

2016年、東京都足立区の病院で乳がん手術直後の女性患者の胸をなめたなどとして、準強制わいせつ罪に問われた男性医師の控訴審判決で、東京高裁は、1審・東京地裁の無罪判決を破棄し、懲役2年を言い渡した。

男性医師は「再度また(生活が)壊されることに憤りを覚えます」と話した。 

 

安倍首相豪雨被災地視察

13日午前、安倍首相が九州を襲った豪雨の被災状況を視察するため自衛隊機で現地入りし、入所者14人が犠牲になった球磨村の特別養護老人ホーム「千寿園」を訪れ、黙とうをささげた。

首相は現地で九州地方を中心に被害を出した豪雨災害の復旧復興について、予備費も活用して計4000億円の対策パッケージをまとめることを発表した。

スポーツ

中川親方パワハラ降格部屋閉鎖

大相撲の元幕内、旭里の中川親方が弟子3人に対して行きすぎた指導を行い、殴打、蹴り、平手打ちに「ぼんくら」「殺すぞ」の暴言を吐くなどのパワハラをしたとして、日本相撲協会が臨時理事会で引退勧告を含めた処分を検討。降格(委員から平年寄へと2階級の降格)の懲戒処分となった。

年寄は7階級ある親方の階級の中で一番下に該当。これに伴い中川部屋は閉鎖され、所属する力士については他の複数の部屋が受け入れる準備を進めている協会側は、親方が暴力を振るった場合、現役力士よりも重い処分を検討すると表明していた。大相撲は17年の元横綱日馬富士による暴力事件以降、再発防止に努めている。 

中川部屋は元旭里が2017年1月に旧春日山部屋を引き継ぐ形で設立。「いわくつき」の経緯をたどって誕生した部屋でもあった。中川親方は時津風部屋の部屋付き親方になる。 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップにもどる

訃報・おくやみ

ナヤ・リヴェラさん33歳事故死

人気テレビドラマシリーズ「glee/グリー」のサンタナ・ロペス役で知られる女優、ナヤ・リヴェラさんが8日にロサンゼルス近郊のカリフォルニア州ピルー湖で行方不明になり、13日に遺体で発見された。享年33。 

4歳の息子ジョージ君と湖に遊びに出かけ、貸しボートで沖に向かったところ、行方が分からなくなった。ボートの返却時間になっても戻って来なかったため、従業員が捜索。ジョージ君だけが乗ったボートが発見され、一緒に泳いでいた母親は戻って来なかったと話していたことから捜索が続いていた。

13日は「glee」の共演者で2013年に薬物の過剰摂取で亡くなった俳優コーリー・モンテースさんの命日で、共演者たちが朝から湖に集まり手をつないでリベラさんの無事を祈っていた。 

 

 

 

 

 

今日は何の日

 

1年前の7月13日のニュース・出来事

夕刊紙週刊誌見出し

 

▼令和2年7月の事件・ニュースまとめ

 

ページトップにもどる