令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和2年】2020年10月1日(木)のニュース・出来事

令和二年十月一日 - 2020年10月1日(木)

仏滅 令和520日目 令和73週目 令和18ヶ月目

国内

東証システム障害で取引停止

東京証券取引所で、相場情報の配信にシステム障害が発生し、全銘柄の売買を停止した。注文受付も行えない。同じシステムを使用する日本取引所グループ傘下の名古屋証券取引所や札幌証券取引所、福岡証券取引所でもすべての銘柄の取引が停止された。大阪取引所は通常営業。

広島銀行などを傘下に持つ「ひろぎんホールディングス(HD)」は1日、東京証券取引所に上場したがシステム障害を受け初値はつかなかった。 

東証の宮原幸一郎社長らは記者会見し、売買システムの障害について「多大なご迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げます」と謝罪。人員体制を増強して取引再開に対応し、2日午前9時から株式全銘柄の売買を再開、日経平均は109円高で始まった。

障害の原因になったのは株の売買システム「アローヘッド」の中にある装置。装置は交換しており、システムを開発した富士通に持ち込み原因究明を進めている。 

 

11月、社長が引責辞任 

 

日本学術会議推薦者6人任命せず

菅義偉首相に任命された日本学術会議の新しい会員について、同会議が推薦した候補者6人が含まれていないことがわかった。会員の任命は首相が行うが、同会議が推薦した候補者が任命されなかったのは初めて。

 

室伏広治スポーツ庁長官就任

文部科学省は、10月1日付でアテネ五輪男子ハンマー投げ金メダリストの室伏広治氏(45)を起用した。任期は2年スポーツ庁が発足した2015年から初代長官を務めてきた鈴木大地氏の後任。規定により任期は最長5年間となっていたが、東京五輪に向け続投していた。

室伏氏は東日本大震災の発生から約3カ月後、宮城県石巻市を訪問し生徒と交流、今も年賀状を送るなど交流は続いているという。室伏氏は、任務は鉄球より「はるかに重い」と表現した。 

 

9月11日就任が発表されていた 

 

GoToイート スタート 

 

中秋の名月

 

 

 

ページトップにもどる

芸能・エンタメ

石原さとみ結婚

 

岩佐真悠子芸能界引退

女優でタレントの岩佐真悠子が自身のインスタグラムを通じて、芸能界を引退することを報告した。今後について「微力でも直接社会や人様の役に立ちたいという思いから、介護の仕事に携わりたいと思います」と伝えた。

 

宇宙Six山本亮太契約解除

ジャニーズJr.4人組ユニット「宇宙Six」に所属する山本亮太(30)無許可営業の「闇スロット店」に頻繁に出入りし、賭博行為に及んでいたことがわかり、10月1日付でジャニーズ事務所との専属契約を解除された山本亮太はJr.歴19年。山本が主演を務める舞台は全公演中止。「宇宙Six」も解散になったことが4日分かった。

今日は何の日 

 

1年前の10月1日のニュース・出来事

夕刊紙週刊誌見出し

 

▼令和2年10月の事件・ニュースまとめ

 

ページトップにもどる