令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和2年】2020年10月9日(金)のニュース・出来事

令和二年十月九日 - 2020年10月9日(金)

赤口 令和528日目 令和74週目 令和18ヶ月目

コロナウイルス

阪神球団社長コロナ引責辞任

新型コロナウイルス集団感染の責任を取り、阪神の揚塩健治球団社長が辞任した。感染した選手が自粛を求められていた集団での会食をしていたことが大きいとみられる。

阪神が3月にプロ野球選手初の新型コロナウイルス感染者を出した際、揚塩社長は「今後、感染者を増やさないように努力してまいります」と語った。しかし、半年後の9月に今度は集団感染。その思いはかなわなかった。 

国際

ノーベル平和賞発表

今年のノーベル平和賞は世界各地で飢餓の解消に向けて食料支援を実施してきた世界食糧計画(WFP)に決まった。飢餓による人道危機を直視するよう国際社会に促すメッセージとなった。WFPは、紛争や政情不安のため、食料の欠乏が深刻化する中東やアフリカなどで飢餓を防ぐ大きな役割を果たしてきた。

 

 

 

ページトップにもどる

スポーツ

サッカー日本代表カメルーンと親善試合

サッカー男子日本代表は10月9日に、オランダ・ユトレヒトにてカメルーン代表との国際親善試合を実施。試合は最後まで1点が遠く、スコアレスドローで決着となった。コロナウイルスの影響でワールドカップ(W杯)予選が延期されてきた日本にとって、昨年12月以来の試合。

 

今日は何の日 

 

1年前の10月9日のニュース・出来事

夕刊紙週刊誌見出し

 

▼令和2年10月の事件・ニュースまとめ

 

ページトップにもどる