令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和2年】2020年11月15日(日)のニュース・出来事

令和二年十一月十五日 - 2020年11月15日(日)

仏滅 令和565日目 令和79週目 令和19ヶ月目 

国内

IOCバッハ会長が来日

菅総理大臣は、日本を訪れているIOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長と首相官邸で会談。東京大会について「来年の夏、人類がウイルスに打ち勝った証しとして、開催を実現する決意だ」と述べ、開催に向けて、連携していくことで一致した。小池都知事とも会談したバッハ会長が都庁を訪れるのは平成30年11月25日以来。

 

横田めぐみさん拉致から43年

横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されてから15日で43年となった。母の早紀江さん(84)は「これほどの時間が過ぎたのに再会がかなわない。本当にむなしい」と率直な思いを語った。未帰還の政府公認被害者の親で生存しているのは、早紀江さんさんと有本恵子さんの父明弘さん(92)だけとなった。

 

 

 

ページトップにもどる

国際

野口聡一さんスペースXで宇宙へ

午後7時27分(日本時間16日午前9時27分)野口聡一さん(55)ら4人を乗せた米スペースX社の新型民間宇宙船「クルードラゴン」運用初号機が、米フロリダ州ケネディ宇宙センターからファルコン9ロケットで打ち上げられた。12分後に宇宙船がロケットから切り離され、打ち上げ成功した。前日の予定だった打ち上げが強風のため延期されていた。野口さんの飛行は10年ぶり3度目。米スペースシャトル、ロシアのソユーズに続き計3種類の宇宙船に乗った日本人は初。

野口さんが搭乗した宇宙船クルードラゴンは世界で初めて本格的に民間が開発から輸送までを手掛ける有人宇宙船。現在使われているロシアのソユーズ宇宙船とは対照的に、最新のデジタル仕様で洗練された次世代型の設計になっている。

「クルードラゴン」は日本時間17日午後1時10分すぎ、国際宇宙ステーション(ISS)へのドッキングに成功。野口さんたちはISSに乗り込んで来年4月まで約6か月滞在。iPS細胞から作った組織を血管と一緒に培養し、血管の周囲に集まるかどうかを観察する実験も手掛け、再生医療研究の可能性を探る。日清の「日清焼そばU.F.O.」、ローソンの「からあげクン」の宇宙食なども味わう予定。

 

ページトップにもどる

 

RCEP署名

ASEAN加盟10カ国に中国・日本・韓国・ニュージーランド・オーストラリアを加えた15カ国は、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の協定に署名した。アジア周辺で影響力を拡大する中国にとっては、大きな成功であるとみられている。発効すれば、世界人口の約3割、国内総生産(GDP)の約3割を占める巨大な経済圏ができる。

RCEPとは「日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、ニュージーランドと東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10カ国の計16カ国で、2013年に交渉を始めた自由貿易・経済連携の枠組み。今回インドは署名していない。

RCEPでは、酒類の紹興酒やマッコリ、そして輸入品が圧倒的に多いマツタケに日本が課している関税が段階的に撤廃。コメや牛肉・豚肉などの「重要5品目」は関税の削減や撤廃の対象から除外される。

芸能・エンタメ

MISIA news23ロケで落馬骨折

午後、歌手のMISIA(42)TBSの報道番組「news23」のインタビューを受けた際、乗馬シーン収録中に落馬し、胸椎棘(きょうついきょく)突起部を骨折、全治6週間と診断された。MISIAが乗馬クラブで知的障がいのある選手たちと乗馬をしながら交流する様子を撮影した時に、MISIAの乗った馬が突然スピードを上げ落馬したという

MISIAは自宅で療養し、12月5、6日のライブを中止。NHK紅白歌合戦への5回目の出場が発表されたばかりで、昨年は紅組のトリを務めている。

今日は何の日 

 

 

1年前の11月15のニュース・出来事

 

▼令和2年11月の事件・ニュースまとめ

 

▼令和2年のニュース・出来事まとめ

 

ページトップにもどる