令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和4年】2022年1月28日(金)のニュース・出来事 ~埼玉立てこもり医師殺害~

令和四年一月二十八日 - 2021年1月28日(金)

先勝 令和1004 令和141週目 令和33ヶ月目

コロナウイルス

岸田首相は28日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」対策として感染者の濃厚接触者に求める待機期間について、現在の10日間から7日間に短縮すると発表した。医療や介護、保育警察など社会機能を支えるエッセンシャルワーカーは2回の検査を組み合わせ、5日目に短縮する。

 

有名人感染

国内

埼玉立てこもり医師殺害

27日午後9時過ぎ、埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の住宅で、この家に住む渡辺宏(66)散弾所持し人質をとって立てこもった。午後9時15分ごろ「2人が銃で撃たれた。私は逃げている」と119番通報があり、脱出した理学療法士(41)が胸を撃たれて搬送され一時重体となった。周辺には規制線が張られ、周辺住民130人が避難所に避難した。

28日午前7時40分ごろ閃光弾放って室内に突入ベッドの間に身隠す渡辺の身柄を拘束した地元クリニックの医師・鈴木純一さん(44)が至近距離から撃たれ心臓破裂で即死状態だった銃弾が体を貫通していたという説得を続け捜査員に固定電話で「人質を救出してもらいたい、人質は大丈夫だ」と話していたが、県警は既に死亡していた可能性が高いとみている。

渡辺は前日に亡くなった92歳のの担当医だった鈴木さんら在宅クリニックの関係者7人を弔問に呼び出し、「まだ生き返るかも…」と心臓マッサージで蘇生を要求。断られると発砲した。

一緒に暮らしてい母が死んでしまい、この先いいことはないと思った。自殺しようと」「介護をめぐり怒っている」「医師らに謝らせた」などと話しているという。

 

 

 

ページトップにもどる

 

今日は何の日

 

1年前の1月28のニュース・出来事

夕刊紙週刊誌見出し

 

▼令和3年のニュース・出来事まとめ

 

ページトップにもどる