令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和5年】2023年1月19日(木)のニュース・出来事 ~狛江強盗殺人事件~

令和五年一月十九日 - 223年1月19日(木)

先負 令和1312 令和189週目 令和45ヶ月目

国内

狛江強盗殺人事件

千葉県大網白里市のリサイクルショップで12日に発生した強盗致傷事件で、千葉県警が逮捕した23歳の自衛官の男のスマホを解析した結果、東京・狛江市の住宅が狙われていることが判明。千葉県警から連絡を受けた警視庁が家族と家に入ると、地下1階で両手首を縛られた住人の大塩衣与さん(90)が激しい暴行を受け死亡しているのが見つかった。大塩さんには全身打撲であざがあり、左ひじの骨が外に飛び出す開放骨折や左腕の皮膚がはがれるなどの外傷もあった。殴打のほか足で踏みつけられた可能性が高いという。

当日午前、近隣住民が大塩さんを目撃しており、駅前のスーパーで買い物終え、帰宅直後の1時間以内に襲われたとみられる。

住宅全ての階に4種類の足跡があり、犯人は 少なくとも4人で玄関から侵入被害者を襲った人物が乗った車が、東京都世田谷区の二子玉川方面に走り去る様子が付近の防犯カメラに残され、現場近くに乗り捨てられているのが見つかった

事件前日には白色のレンタカーが市内を走行しているのが確認されており、下見をして計画的に犯行に及んだ可能性があるとみて調べているという。

茨城、栃木、埼玉、千葉、神奈川各県では、数人の男による強盗致傷や窃盗などの事件が相次いで発生。複数の実行犯グループが関わっている疑いがあり、警察はこれらのグループの指示役がいる疑いもあるとみて調べている。

 

中野3000万円強盗も関連グループの犯行

 

指示役ルフィら4人帰国

 

河川敷で切断遺体

和歌山市北島の紀の川沿いの県道に放置車両があると通報を受け、車内を確認すると、トランクから血の付いたキャリーケースがあり、切断された遺体を発見。近くの橋脚の土台部分からもキャリーケースが見つかった。

 

鉄橋作業中男性が感電死

19日午前、鹿児島県薩摩川内市の肥薩おれんじ鉄道の鉄橋で作業中の塗装業の男性(50代=小倉南区=)が死亡した。電線には高圧電流が流れており、男性の体にはやけどの痕があり服が燃えていた。男性は鉄橋の吹き付け作業中で、何らかの原因で電線に触れたとみられ、署などが詳しい状況を調べている。

  • 約2時間半にわたり運転見合わせ 
  • JR川内〜鹿児島中央も運転見合わせ

 

第168回芥川賞

 

狛江強盗殺人事件

 

 

 

 

ページトップにもどる

 

国際

ニュージーランド首相辞意表明

芸能・エンタメ

三浦瑠麗夫の会社に家宅捜索

三浦瑠麗の夫・三浦清志が代表取締役を務める投資会社「トライベイキャピタル」本社と自宅が19日、東京地検特捜部の家宅捜索 を受けた。瑠麗は「会社経営には関与しておらず、一切知り得ないこと」とのリリースを掲載した。

今日は何の日

 

1年前の1月19のニュース・出来事

夕刊紙週刊誌見出し

 

▼令和5年1月の事件・ニュースまとめ

 

▼令和4年のニュース・出来事まとめ

 

ページトップにもどる