令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【感染者一覧】新型コロナウイルスに感染した歌舞伎役者・狂言師・文楽・浄瑠璃・伝統芸能・歌舞伎俳優

Covid-19:陽性になった歌舞伎俳優・

令和の時代に大きな混乱をもたらした新型コロナウイルスは、イケメン俳優や役者たちの体も蝕んだ。ここではコロナウイルスに感染してしまった男性役者たちを振り返ってみたい。

 

▼2021年の感染者はこちら

 

▼2020年の感染者はこちら

 

善竹富太郎さん 40歳:逝去

令和二年:2020年4月30日(木)

大蔵流狂言師の善竹富太郎さんはコロナ感染に伴う敗血症のため死去。4月9日に倒れて救急搬送され、後日感染が判明。いったんは快方に向かっていたという。

片岡孝太郎 52歳  O型

令和二年:2020年11月22日(日)

清元清寿太夫 85歳

令和三年:2021年3月26日(金)

松竹は、東京・歌舞伎座「三月大歌舞伎」第2部に出演中の清元節浄瑠璃方の清元清寿太夫さんが、PCR検査を受け新型コロナウイルスの陽性反応が出たとして、同日と27日の第2部の上演を中止すると発表した。客席への影響はないとしている。清寿太夫さんは清元節浄瑠璃の人間国宝。体調不良のため検査を受けていた。

f:id:GLT:20210503214542p:plain

吉田玉誉 49歳

令和三年:2021年5月17日(月)

文楽の吉田玉誉が新型コロナウイルスに感染し、東京・国立劇場小劇場で上演中の「5月文楽公演」18日公演が中止になった。吉田は発熱症状があったため医療機関を受診し、PCR検査を受けたところ、陽性と判定された。客席への影響はない。

片岡千之助 21歳 O型

令和三年:2021年5月29日(土)

歌舞伎俳優の片岡千之助は無症状。6月3日から東京・歌舞伎座で始まる「六月大歌舞伎」第2部「桜姫東文章 下の巻」に吉田松若役で出演予定だったが、当面の間休演。公演は一部演出を変更して上演される。昨年11月に感染した片岡孝太郎は父。

市川猿之助 45歳 O型

令和三年:2021年7月29日(木)

猿之助は八月興行に向けた定期的なPCR検査で29日夜に陽性が判明。舞台関係者2人の陽性も確認された。猿之助は現在無症状で、健康状態の経過観察を行うとともに保健所の判断に従って対応していく。

尾上右近 29歳 O型

令和三年:2021年8月23日(月)

歌舞伎俳優の尾上右近は22日夜に発熱症状があったため、23日朝に検査を受けたところ陽性が確認された。容体は安定しており、自宅療養を行っている。9月に上演される朗読劇「天切り松 闇がたり~闇の花道~」(京都・春秋座、9月6~8日)には予定通り出演する見込み。

 

 

 

ページトップにもどる

 

市川猿弥 54歳 B型

令和三年:2021年8月24日(火)

歌舞伎俳優市川猿弥23人の新型コロナウイルス陽性者が判明したミュージカル「エニシング・ゴーズ」に出演していた。同作の東京公演は明治座で29日まで行われる予定だったが、残りの全日程中止が決まっている。

中村壱太郎 31歳 O型

令和三年:2021年8月25日(水)

歌舞伎俳優の中村壱太郎(かずたろう)は、個別に受検したPCR検査の結果感染していることが判明した。9月3~5日に予定していた大阪・国立文楽劇場「第21回上方花舞台」は出演を見合わせる。代役は調整中。

市川九團次 49歳 B型

令和三年:2021年8月27日(金)

歌舞伎俳優の市川九団次は、市川海老蔵の巡業公演「秋の特別公演 古典への誘い」(9月4~27日、全国16か所20公演)に先立ちPCR検査を受け「陽性の疑い有り。基準CT値においては陰性となる結果となりました。ただし、微量のウイルスが検出されており、念のため再検査を行うことをおすすめします」と診断されたという。その後、2度のPCR検査でいずれも陽性と診断された。

7月までに2度ワクチン接種し、体調不良などの症状は一切ないが、保健所から9月3日まで療養期間を設けるよう指示があったため、大事を取って「古典への誘い」は降板する。代役は市川入。

市川寿猿 91歳

令和三年:2021年8月31日(火)

歌舞伎俳優の市川寿猿は、個別に受検したPCR検査の結果、感染が判明。今月28日までの八月花形歌舞伎の第一部にも出演していた。

中村歌昇 32歳 B型

令和三年:2021年8月31日(火)

歌舞伎俳優・中村歌昇は9月興行に向けた定期的なPCR検査(対象者644人)で感染が判明。発熱があり自宅療養している。出演予定だった「九月大歌舞伎」(2~27日)の第二部「近江源氏先陣館 盛綱陣屋」は2~6日の上演を中止する。

中村隼人 27歳 A型

令和三年:2021年8月31日(火)

歌舞伎俳優・中村隼人は9月興行に向けた定期的なPCR検査(対象者644人)で感染が判明。無症状自宅療養している。出演予定だった「九月大歌舞伎」(2~27日)の第二部「近江源氏先陣館 盛綱陣屋」は2~6日の上演を中止。同検査では中村歌昇、第1部の舞台関係者2人、第3部の舞台関係者1人も陽性だったが、劇場内の該当箇所などの消毒を実施、客席や舞台、楽屋への影響はないと確認されたため、第1部と第3部については予定通り2日から上演するという。

 

▼各界の感染者リストはこちら

 

ページトップにもどる