令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【感染者一覧】新型コロナウイルスに感染した文化人・財界人・デザイナー・高級官僚・政府高官・学者・棋士・映画監督

Covid-19:陽性になった各界重鎮

 

▼2021年の感染者はこちら

各ニュースの詳細については、該当する日付のページでご確認いただきたい。

毎日放送岡田公伸取締役:逝去

令和二年:2020年4月9日(木)

オムロン・立石義雄 80歳:逝去

令和二年:2020年4月21日(火)

恐ろしきコロナウイルスは大物財界人の命も奪った。経済に疎い者でも一度はその名を聞いたことがあるであろう立石義雄さんは、父が創業した「立石電機」を「オムロン」へ改称。中興の祖と称された。奇しくもこのコロナ禍でオムロンの体温計は店頭から消え、生産量は2倍に増産された。

高田賢三 81歳:逝去

令和二年:2020年10月4日(日)

新型コロナウイルスが、またも大物有名人の命を奪った。パリ在住のファッションデザイナー高田賢三さんは、9月初旬に出掛けた南フランスでのバカンス後、コロナウイルスで体調を崩し入院。パリ郊外の高級住宅地ヌイイ地区にあるAmerican Hospital of Paris で逝去した。

スカイマーク会長・佐山展生 67歳 O型

令和二年:2020年12月17日(木)

海上幕僚長・山村浩 58歳 

令和二年:2020年12月21日(月)

飯塚健 42歳 

令和二年:2020年12月30日(水)

映画監督の飯塚健は、妻・井上和香の陽性判明翌日に抗原検査を受け陽性が確定。娘が陰性で預けることができないため自宅療養を余儀なくされた。しかし、5日後に娘も発熱。3人が陽性となり、自宅療養生活が続いた。

梨田和也駐タイ大使 60歳

令和三年:2021年4月3日(土)


 

 

ページトップにもどる

東大総長・藤井輝夫 57歳

令和三年:2021年4月5日(月)

高田春奈 43歳

令和三年:2021年4月9日(金)

  • ジャパネットたかた前社長高田明の長女

中瀬ゆかり 56歳 AB型

令和三年:2021年4月中旬

神田川俊郎 81歳:逝去

令和三年:2021年4月25日(日)

ワタミ社長・清水邦晃 50歳

令和三年:2021年7月

日浦市郎 55歳 

令和三年:2021年8月16日(月)

連盟の日浦市郎八段は、発熱の症状が見られたため、医療機関でPCR検査を受けた結果、陽性と診断された。17日に予定していた叡王戦(日浦八段対野月浩貴八段)は延期する。棋士、女流棋士、関係者に濃厚接触者はいない。

伊藤沙恵 27歳 A型

令和三年:2021年8月18日(水)

伊藤女流三段は発熱症状が見られたため、医療機関を受診したところ、陽性と診断された。20日の女流名人戦・北村桂香女流初段戦、25日の同・加藤圭女流二段戦は延期となる。

本多劇場・本多一夫 87歳

令和三年:2021年8月21日(土)

本多劇場グループ代表・本多一夫は、20日に受けたPCR検査の結果、21日に陽性反応が出た。健康状態は良好で、ワクチン接種も2回済ませているという。

今月25日から出演を予定していた新宿シアタートップスこけら落とし公演『演劇の街をつくった男』は中止が発表された。濃厚接触者に該当するのは家族のみで、現在のところ全員陰性。

中原英臣 76歳 

令和三年:2021年7月28日(水)

医学博士の中原英臣は、7月28日ごろ39度前後の発熱があり、救急車で都内の病院に搬送された。PCR検査の結果、陽性を確認。最初は中等症と診断されたが、数日で病状が悪化し重症患者向け病棟に移った。ワクチンは接種していなかったことを本当に反省しているという。

 

▼各界の感染者リストはこちら

 

2020年の有名人感染者リストはこちら 

 

ページトップにもどる