令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【訃報】令和に亡くなった男性俳優・男性芸能人・男性タレント・2019年・2020年・2021年

令和に他界した男性俳優

各ニュースの詳細については、該当する日付のページでご確認いただきたい。

高島忠夫さん88歳老衰

令和元年:2019年6月26日(水)

「イェーイ」の合言葉で親しまれた高島忠夫さん。寿美花代さん、高嶋政宏さん、高島政伸さんとスター一家としても知られたが、晩年は闘病生活が続いた。

中山仁さん肺せんがん77歳

令和元年:2019年10月12日(土)

年齢を重ねても渋くダンディーだった中山仁さん最後までカッコよく二枚目俳優としての生涯を生ききった

山谷初男さん85歳間質性肺炎

令和元年:2019年10月31日(木)

名脇役として活躍した山谷初男さん。誰もが一度は目にした山谷さんの演技は作品に欠かせないスパイスだった。

鴈龍さん55歳急性心不全

令和元年:2019年11月1日(金)

勝新太郎さんと中村玉緒の長男で俳優の鴈龍さんは急性心不全で急死。孤独死だったという。

滝口幸広さん34歳虚血心不全

令和元年:2019年11月13日(水)

名前は知らずとも皆の心に残っていた滝口幸広さん。訃報が伝わるやハマインのCMやあさイチでお馴染みの若き正統派ハンサムの突然死に大きなショックが広がった。

宮川典子さん同様、滝口さんも夏頃ケガをして一ヶ月ほど入院していたという。大塚ギチさん然り、ケガが思いもよらぬ死を招く場合もあるのかもしれない。くれぐれも気をつけたい。 

梅宮辰夫さん81歳慢性じん不全

令和元年:2019年12月12日(木)

令和の世では珍しくなってしまった本物の風格と豪快さを併せ持つ昭和の大スター梅宮辰夫さん。辰っちゃん漬、娘アンナさんと誠意大将軍との交際、料理、釣りなど本業以外でも多くの話題をふりまき、我々を大いに沸かせてくれた。その存在はこれから先も語り継がれていくことだろう。

宍戸錠さん86歳孤独死

令和二年:2020年1月18日(土)

トレードマークだったふっくらした頬。実は整形手術で膨らませたものだったとわかった時には大きな話題に。頬の異物も取り除き、老いてなおダンディだった宍戸錠さん。都内の自宅で倒れているのを娘が見つけ、その場で死亡が確認された。

内田勝正さん 肝臓がん 75歳

令和2年:2020年1月31日(金)

名悪役の内田勝正さんが死去した。10年前に胃がんの手術を受け、昨年、体調が思わしくなくなり、入退院を繰り返していたという。内田さんは1966年に劇団四季研究所入所。劇団「浪漫劇場」を経て、テレビドラマを中心に活躍。「水戸黄門」「大岡越前」「暴れん坊将軍」など、多数の時代劇に悪役として出演した。

久米明さん 96歳 心不全

令和二年:2020年4月23日(木)

ナレーターとして活躍したベテラン俳優の久米明さんが心不全のため東京都内の病院で死去した通夜・葬儀は近親者のみで行う。落ち着いた語り口で知られ、洋画の吹き替えや、海外ドキュメンタリー番組『すばらしい世界旅行』『鶴瓶の家族に乾杯』のナレーターも長く務めた。昨年、体調がすぐれないことからNHK「鶴瓶の家族に乾杯」のナレーションを降板し、高齢者施設に入っていた。


志賀廣太郎さん71歳誤嚥性肺炎

令和二年:2020年4月20日(月)

昨年、ドラマ「きのう何食べた?」を降板し、体調が心配されていた志賀廣太郎さん。脳梗塞で倒れ、リハビリを続けていたが帰らぬ人となった。数々のドラマで見せてくれた味わい深いキャラクターや渋みと温かみのある声はいつまでも我々の記憶に残り続けるだろう。

和田周さん 81歳 コロナ

令和二年:2020年4月23日(木)

俳優で劇作家・演出家の和田周(わだ・しゅう)さんが23日、新型コロナウイルス感染のため死去した。81歳。24日、和田さんが主宰する演劇組織「夜の樹」のフェイスブックで発表された。大河ドラマ『勝海舟』『武蔵』などに出演。息子は人気アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』などで知られる脚本家の虚淵玄氏。

轟二郎さん 65歳 大腸がん

令和二年:2020年8月2日(日)

三浦春馬さん30歳首吊り自殺

令和二年:2020年7月18日(土)

耳を疑うようなニュースが飛び込んできたのは、長い梅雨の最中、朝から雨が降りしきるどんよりとした土曜の午後。第一線で活躍する人気俳優の三浦春馬さんがレインボーブリッジの袂のマンションで首を吊って帰らぬ人となったという。

かわいらしさのある若手イケメン俳優として老若男女に認知され、誰もが好感を持ちながら、テレビの中に三浦春馬さんがいることが当たり前すぎて特別意識しないまま過ごしてしまった日常。

しかし三浦さんは、美しすぎる芸術的な容姿や人気に甘んじることなく、真摯に努力を重ね、演技はさることながら、中国語や英語も習得。歌やダンスのスキルは本職のアイドルたちを遥かに上回り、これが本業だったのではと錯覚するほどの完成度。いつの間にか大人の色気と知性を漂わせた非の打ち所がない魅力的な男性となっていた。

同じマンションの住人から息子が新橋で飲み屋をやっていると聞けば、本当に顔を出してしまうほど全方位に気遣いの人だった三浦さん。生前のエピソードを知るにつけ、他に替えのきかない唯一無二の存在だったことをまざまざと思い知らされたのであった。

「春馬ロス」などと軽い言葉が憚られるほどの深刻な喪失感をもたらした三浦さんの自死。完璧すぎるほど完璧な三浦さんが抱えていた、人生を終わらせたくなるほどの苦悩を今となっては知る由もないが、三浦春馬さんの存在は令和を超え、永遠に語り継がれる伝説となることであろう。

 

 

 

ページトップにもどる

 

渡哲也さん78歳肺炎

令和二年:2020年8月10日(月)

心酔していた石原裕次郎さん亡きあとの石原軍団を率いた渡哲也さん。災害があれば軍団を引き連れいち早く被災地入り。豪快に炊き出しを行い被災者を元気づけてきた。裕次郎さんの超盛大な法事を取り仕切ってきた渡さんだったが、自身の旅立ちの際には静かに送ってほしいと強く希望していたという。

今頃は極楽浄土にて裕次郎さんや、2017年に他界した弟の渡瀬恒彦さんと久々の再会を楽しんでいることだろう。

岸部四郎さん71歳急性心不全

令和二年:2020年8月28日(金)

ジュリーや兄の岸部一徳さんとともに「ザ・タイガース」で一世を風靡。解散後も売れっ子タレントとして活躍していた岸部シローさんはビジネスの失敗から自己破産。近年は闘病を繰り返し、テレビでお見掛けすることは少なくなっていた。しかしその存在は昭和のテレビ界を象徴する一人として多くの人の記憶にとどまり続けるであろう。

斎藤洋介さん69歳がん闘病中

令和二年:2020年9月19日(土)

一度見たら忘れない印象的な顔立ちの斎藤洋介さん。がんで闘病中だったが、自宅で夕食を摂っている最中に急変し帰らぬ人に。近年はオレオレ詐欺被害に遭い、被害防止のための啓蒙活動にも力を注いでいた。

藤木孝さん80歳自殺

令和二年:2020年9月20日(日)

若かりし頃はロカビリー歌手として女性たちから黄色い声援を浴びて一世を風靡。人気絶頂の中、俳優に転身し数々のドラマやミュージカルで活躍した藤木孝さんは遺書を残し自宅で自殺。7月に亡くなった三浦春馬さん、6日前に亡くなった芦名星さんと同様、藤木さんもまたドラマ「ブラッディマンデイ」に出演していた。さらに芦名さんとは同じ「ホリプロ」所属。

心が弱くなっているときに二人の死に感じ入るものがあったのだろうか。これ以上の連鎖が起きないことを願うばかりである。

 

森川正太さん67歳胃癌

令和二年:2020年10月12日(月)

平成・令和とその姿をあまりお見掛けすることはなくなっていたが、昭和人の記憶に深く刻み込まれていた森川正太さん。8月に胃がんが判明。コロナ禍にあって面会制限がなされていたため、入院ではなく在宅治療を選択したという。

坂田藤十郎さん88歳さん老衰

令和二年:2020年11月12日(木)

歌舞伎界の重鎮・坂田藤十郎さんは老衰のため永眠した。妻は扇千景さん、妹は中村玉緒さんと身内も華やか。70歳だった2002年には19歳の京都芸妓とのホテル不倫が発覚。バスローブの前をはだけた姿を激写されたが一笑に付し、妻の扇さんも全く動じず、夫婦して大物の貫録を見せつけた。

窪寺昭さん43歳自殺

令和二年:2020年11月13日(金)

数多くの作品に出演した俳優・窪寺昭さんは、中野区の自宅でぐったりしているところを発見された。2020年7月31日付で所属していたSRプロダクションとの契約が解除になり、翌8月1日からフリーランスとして活動。三浦春馬さん・芦名星さん・竹内結子さんと同じ作品に出演した経験もあったという。妻は同じSRプロに所属していた女優の大森裕子さん。一男一女を残しての旅立ちとなった。

綿引勝彦さん75歳膵臓がん

令和二年:2020年12月30日(水)

毎年夏休みの昼間に放送していた人気ドラマシリーズ「天までとどけ」で、4月に他界した岡江久美子さんと長年夫婦役を演じていた綿引勝彦さん。膵臓がんで闘病していたが治療を打ち切り自宅で最期の時を迎えた。綿引さんはじめ、令和二年に逝去された方々に謹んでお悔やみ申し上げたい。

福本清三さん77歳肺がん

令和三年:2021年1月1日(金)

本田誠人さん47歳すい臓がん

令和三年:2021年1月30日(土)

俳優本田誠人さんが47歳で死去した。17年に告知されすい臓がんの闘病中だった。本田さんは劇団ペテカンにおいて役者だけでなく、作・演出も手掛け、また、NHK『ハゲタカ』、フジテレビ系『電車男』、TBS系『まっしろ』などのドラマにも出演した。

くず哲也さん73歳急性骨髄性白血病

令和三年:2021年1月31日(日)

森山周一郎さん86歳肺炎

令和三年:2021年2月8日(月)

瑳川哲朗さん 84歳 ALS

令和三年:2021年2月17日(水)

 

田中邦衛さん88歳老衰

令和三年:2021年3月24日(水)

https://twitter.com/nhk_news/status/1377910814653419520

田村正和さん 77歳 心不全

令和三年:2021年4月3日(土)

若松武史さん 70歳 甲状腺がん

令和三年:2021年4月14日(水)

河野洋一郎さん 60歳 肝硬変

令和三年:2021年4月24日(土)

江原達怡さん 84歳 病気

令和三年:2021年5月1日(金)

1日午前11時26分、病気のため長野県内の自宅で死去、84歳。東京都出身。葬儀は近親者で済ませた。

船戸順さん 82歳 呼吸器不全

令和三年:2021年5月26日(水)

沢木和也さん 54歳 食道と下咽頭がん

令和三年:2021年6月19日(土)

米山ババ子さん 72歳 心臓病

令和三年:2021年6月26日(土)

  • 出生時の性別が男性

千葉真一さん 82歳 コロナ

令和三年:2021年8月19日(木)

俳優の千葉真一さんが19日午後5時26分、千葉・君津の病院で死去した。82歳。7月末に新型コロナウイルスに感染。しばらく入院せず療養していたが、最近になって症状が悪化し、入院したという。

 

令和元年の訃報はこちら

 

令和二年の訃報はこちら

 

令和三年の訃報はこちら

 

令和に自殺した有名人はこちら

 

コロナで死去した有名人はこちら

 

ページトップにもどる