令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【訃報】令和に亡くなったお笑いタレント・落語家・芸人・漫才師・コメディアン・2019年~2021年

令和に他界したお笑い芸人

各ニュースの詳細については、該当する日付のページでご確認いただきたい。

SNOBゆかさん 54歳 循環器疾患

令和元年:2019年6月14日(金)

  • ジャマイカで急逝
  • 吉本興業 所属
  • お笑いコンビでDJコンビとしても活動
  • 毎年ジャマイカでDJの修行を行い今年も6月4日から現地に滞在

桂三金さん 脳幹出血 48歳

令和元年:2019年11月9日(土)

桂文枝の弟子・桂三金 さんが脳幹出血のため大阪市内の病院で急死した。48歳だった。通夜は12日、告別式は13日に大阪北玉泉院にて執り行われる。桂文枝のブログによると、三金さんは、9日の朝に自宅で倒れ救急車で病院に搬送されるも、同日の夜に亡くなったという。

 

成子坂 桶田敬太郎さん 48歳

令和元年:2019年11月23日(土)

90年代に「ボキャブラ天国」などで活躍した「フォークダンスDE成子坂」桶田敬太郎(おけだ・けいたろう)さん病のため死去。近年は放送作家として活躍していた。なんという運命だろうか、中学時代からの同級生で元相方の村田渚さんも2006年にクモ膜下出血のため35歳の若さで急死している。

志村けんさん70歳コロナ

令和二年:2020年3月29日(日)

新型コロナウイルスで重症が伝えられた志村けんさん。誰もが生還を信じて疑わなかったが、まさかの別れが訪れた。

子供の頃からテレビをつければいつも志村さんがいるのが当たり前だった日常。突然の旅立ちに多くの人が大きな喪失感に苛まれ、改めて新型コロナウイルスへの恐怖に身を引き締めた。

川口敦典さん 36歳 内臓疾患

令和2年:2020年5月15日(金)

お笑いコンビ・てんしとあくまの川口敦典さんが、持病の内臓疾患のため急逝した。川口さんは1983年6月22日生まれの36歳。大阪府吹田市出身で、2006年NSC大阪29期生。相方のかんざきは「とても残念でなりません、突然のことで気持ちの整理がついてない状況です」とコメントを出した。

 

内海桂子さん97歳多臓器不全

令和二年:2020年8月22日(土) 

現役最年長芸人として活躍した内海桂子さんは芸歴80年。24歳年下のマネージャとの結婚でも話題を呼んだ。大正に生まれ昭和、平成、令和と時代と四つの時代を駆け抜けた。全ての経験を糧に芸を磨き続けた生涯だった。  

レツゴー正児さん 80歳 肺炎

令和2年:2020年9月29日(火)

お笑いトリオ・レツゴー三匹のメンバーだったレツゴー正児さん(本名・直井正三)が9月29日午後5時48分、肺炎のため亡くなった。80歳だった。

小松政夫さん78歳肝細胞がん

令和二年:2020年12月7日(月)

「小松の親分さん」や「しらけ鳥」「表彰状、あんたはエライ!」のネタや歌で昭和の子供たちの爆笑をさらった小松政夫さん。肝細胞がんのため三鷹市の病院で亡くなった。 また一人巨星が旅立ち、しみじみと、昭和は遠くなりにけり。と思わされるのであった。

林家こん平さん77歳誤嚥性肺炎

令和二年:2020年12月17日(木)

元気いっぱいな愛されキャラで笑点を盛り上げた林家こん平さん。2004年ごろから病を患い、大喜利の席を弟子・林家たい平に譲り闘病を続けていた。

 

 

 

ページトップにもどる

ゆう輝哲也さん79歳敗血症

令和三年:2021年1月4日(月)

立川らく朝さん 67歳 病気

令和三年:2021年5月2日(日)

三遊亭多歌介さん 54歳 コロナ

令和三年:2021年8月27日(金)

落語家の三遊亭多歌介(本名・栗原史郎)さんが27日午後2時40分、新型コロナウイルス感染症のために亡くなった。54歳だった。東京都出身。通夜・告別式については未定。家族も感染して療養中だという。多歌介さんは、83年に3代目三遊亭円歌に入門。98年に真打昇進した。

政府・小池都政(ご本人は千葉県船橋市在住)・日本医師会・ワクチン・PCR検査への批判を毎日のように綴っていたFacebookは、8月23日夕方の返信を最後に更新されていない。

 

 

令和元年の訃報はこちら

 

令和二年の訃報はこちら

 

令和三年の訃報はこちら

 

令和に自殺した有名人はこちら

 

コロナで死去した有名人はこちら

 

ページトップにもどる