令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和元年の逃亡者】2019年に逃げた犯罪者・保釈失踪・痴漢逃走・人妻と・カルロスゴーン・小林誠…

令和事件簿4:令和元年に逃げた犯罪者たち

令和元年、今年も多くの逃走者たちのニュースが茶の間を賑わせた。痴漢にヤク中、はたまた世界でも指折りのセレブまで、個性豊かな逃亡者とその逃亡劇を振り返る。

各ニュースの詳細やその後の裁判の進展については、事件の起きた日付のページや特集ページでご確認いただきたい。

赤羽駅で痴漢男逃走

令和元年:2019年5月28日(火)

令和早々女子高生に追われ赤羽駅構内を逃げ回ったのは、痴漢をはたらいた不届き者の中年男。ホームに居合わせた男性のナイスアシストにより男は転倒。無事に御用となった。

収監直前小林誠の逃走劇

令和元年:2019年6月19日(水)

収監のお迎えに来た検察職員を振り切って逃げたのは小林誠(43)。

小林が事故を呼んだのか、逃走当日は近くの小田急線の踏切で衝突脱線事故が発生。事件を取材中のテレビ朝日の報道ヘリコプターは河川敷に不時着し、あわや大惨事に。

日本中がそ行方注目する中、初対面の男に匿われていた小林は、逃走5日目ついに横須賀で御用となった。

地域を大混乱に陥れたヤンチャな男小林。令和元年を代表するお騒がせ男の一人といってもいいだろう。

熊本で元議員秘書逃走

令和元年:2019年7月9日(火)

熊本では国会議員の元私設秘書が、覚醒剤の家宅捜索に来た警察官たちを車で引きずりけがをさせて逃走。5日後に出頭した男は、警察官を暴力団だと思い逃げたというが、よほどのコワモテだったのだろうか。警察官たちの人相が気になるところだ。

保釈男が人妻と逃走

令和元年:2019年7月10日(水)

なんとも乱れた逃走犯が現れた。覚せい剤取締法違反で保釈中の前田寿樹(57)がその人だ。

前田は保釈後、福島県身元引受人の人妻とその夫とともに3人で生活。しかし、夫を差し置いて人妻と山形に駆け落ち。宮城県内で身柄を確保された。

何が起きているのかもはや理解不能だが、世の中には色んな愛の形があるようだ。

警察病院から韓国籍の男逃走

令和元年:2019年8月18日(日)

とんだ役者が現れた。盗みをはたらき怪我をして警察病院に収容されていた佐藤沅基こと金沅基。歩けないふりをして車椅子を使用していたが、これが大嘘。

トイレに行った隙に警察病院から走って脱走。バスや車、新幹線を乗り継ぎ名古屋や大阪に移動し、かつらをかぶって変装しながら逃走していた。

10日後「もう疲れた」と警察に電話してきた金は「マスコミが大勢いて恥ずかしいから迎えにきてほしい」と恥じらいをみせたという

 

 

 

収監予定の元美少女逃走

令和元年:2019年10月30日(水)

その手配写真で大きなインパクトを与えたのが、岸和田の女・岡崎公栄。名前を改正していたことが判明し、のちに野口公栄と訂正された。

収監直前の地検の前で「車に荷物を取りに行きたい」と職員たちを騙し、息子の車で逃走した野口。その際、制止する職員を跳ね飛ばすという大胆さ

美人の面影をたたえながらもお岩さんのように腫れ上がった顔で撮影された手配写真は、見る人の度肝を抜かしたが、中学時代はヤンキーながらも後藤久美子に似た評判の美少女だったという。実物の顔を見てみたいものだ。

f:id:GLT:20191110125025p:plain

@kantele_news

東大阪で護送中の男逃走

令和元年:2019年11月9日(土)

野口逮捕の翌週、検察庁の車で護送中の男が逃走した。またしても大阪。またしても薬物である。

事件2日後の11月11日、大阪市内の十三大橋で身柄が確保された男は「疲れました」と語った。

カルロスゴーン逃亡日本脱出

令和元年:2019年12月29日(日)

今年も多くの悪いヤツらが罪を償わずに逃亡を画策。その多くが敢え無く御用となったが、逃げ切ったのはカルロスゴーン。

令和元年の大晦日に飛び込んできたのは、保釈中のカルロスゴーンが既に日本を脱出し、レバノンに逃亡したという耳を疑うようなニュースだった。

港区の制限住居を抜け出し、品川駅から新大阪に移動。タクシーで関空近くのホテルに向かい、楽器のケースに入って荷物検査を突破。プライベートジェットに乗って日本を飛び立った。

ミッションインポッシブルのテーマが鳴り響きそうな映画さながらの脱出劇に、日本ばかりか世界中が大騒ぎ。キャロル夫人にも逮捕状が出されお尋ね者夫婦となってしまった。

ゴーンVS日本検察。この戦いに決着はつくのか。令和の時代まだまだゴーン氏の話題で持ちきりになりそうだ。

法改正へ

保釈中の逃走が多かった令和元年。ゴーン被告の脱出がダメ押しとなり法改正が行われる見通しだ。もう逃げ得は許されない。

 

▼令和元年のその他のニュースはこちら

 

ページトップにもどる