令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【令和の大災害2】多摩川氾濫!新幹線水没!台風19号ハギビスに日本列島大混乱 2019年10月12日

令和の大災害2:台風19号死者不明者95名

令和元年(2019年)10月12日(土)

令和元年台風第19号ハギビス Typhoon Hagibis 

「死者8800人」「江戸川区水没」「死者1000人超の狩野川台風に匹敵」台風19号が迫り来る日本に喧伝された恐ろしい警告は人々の不安を最大限に煽った。一月前に千葉への台風直撃を経験した首都圏の民はスーパーやホームセンターに殺到。店の棚からは食料が消え去り、家々の窓はダンボールと養生テープで徹底バリアー。周到な準備で迎え入れた巨大台風が残した爪痕は・・・

台風19号東日本直撃

  • 住宅被害:5万6753棟以上
  • 停電戸数:約5万2850戸

台風上陸前

スーパーの棚から商品が消えた

千葉県の被害

市原市で竜巻発生1人死亡

台風上陸前の午前8時15分、千葉県市原市で竜巻が発生し軽トラ横転。50代の男性死亡したほか住宅の倒壊などにより9人が死傷した。 

 

千葉その他

神奈川県の被害

武蔵小杉

以前は法政二高の最寄駅として知られていた武蔵小杉。近年は再開発により高層マンションが林立する近代的な顔を見せ、すっかり憧れの街に様変わり。

そんな武蔵小杉駅周辺では大規模な冠水が起き、深さ1.5mまで水が押し寄せた場所も。その冠水の実態は、茶色く混濁した下水だというのがもっぱらの噂だ。一部のタワーマンションでは停電が発生。エレベーターが使えなくなり、自室でのトイレも使用禁止に。

横須賀線武蔵小杉駅の「横須賀線改札口」も冠水で使えず、13日15時ごろから同駅を通過する形で運行を再開した。

 

溝口

川崎市高津区溝口6丁目では多摩川に近い一部の地区が深さ3mほどまで浸水し、4階建てマンションの一階部分が天井付近まで水につかった。

マンションの1階からは心肺停止の60代男性を発見。同居していた男性の娘は友人宅に避難し無事だった。

 

相模原市

神奈川県が相模原市にある城山ダムの緊急放流を発表。串川では乗った車が濁流に飲まれ一家4人が犠牲になった。緑区では夫婦が行方不明に。一ヵ月後の11月10日に妻が、12日に夫がようやく発見された。

 

▼11月10日と12日相次いで遺体が発見された。

f:id:GLT:20191107232711p:plain

東京都の被害

多摩川流域

日野市の多摩川河川敷では木に引っかかった男性の遺体がみつかった。ホームレスとみられる。

 

田園調布

高級住宅街として名高い大田区田園調布も近くの丸子川が氾濫し、4丁目5丁目の900世帯床上や床下が浸水した。多摩川支流の丸子川の水を排出する作業が避難指示によりできなくなったためだったという。

12日の17時ごろから非常用の排水ポンプとポンプ車などを使って排水作業を始め、18時ごろには多摩川からの逆流を防ぐために水門を閉じた。19時頃から川の水があふれ出したという。

 

奥多摩・八王子

 

台東区

東京都台東区の避難所では身を寄せようとしたホームレスの利用を「住所がないから」と断り波紋を呼んだ。

 

都の対応

東京都は、小池百合子知事を本部長とする災害対策本部を設置。都による災害対策本部の設置は2000年の三宅島噴火以来だった。

 

長野県の被害

新幹線水没

長野市を流れる千曲川が氾濫。JR東日本の車両センターが水につかり、北陸新幹線の車両10編成が水没した。

車両の床下にあるモーターやブレーキの制御装置などが水につかっていて、完全な修理が難しいことから浸水した10編成すべてが廃車に。 車両全体の帳簿上の価格は148億円にのぼり、部品の一部は再利用することを検討するという。

北陸新幹線 の東京金沢間の全線直通運転は25日始発から再開。上越新幹線に投入する予定だった新しい車両を使うなどして今年度末には通常のダイヤに戻すことを目指すという。

 

長野その他

茨城県の被害

茨城県常陸大宮市では、久慈川と那珂川の堤防が決壊し大きな浸水被害が出た。水戸市では那珂川の水があふれ住宅の屋根の上に避難しSNSを使って助けを求めた結果、ボートで救助された男性も。

氾濫した那珂川では、水戸市の常磐自動車道水戸北スマートインターチェンジ南側で、浸水による最大の深さが約7.2メートルに達した。

東北の被害

宮城県丸森町

 

三陸

 

福島県郡山市

福島県郡山市では、阿武隈川の氾濫で市内のメッキ工場から猛毒の青酸ソーダが流出した。別の工場からも青酸ソーダが流出している。

 

福島県いわき市

いわき市平地区では、応援に来ていた東京消防庁がヘリ救助中に70代の女性を40m落下させ死亡した。

 

福島・相馬

福島県南相馬市小高区では避難所の準備に奔走した25歳の男性職員が、台風の強い風雨に巻き込まれ命を落とした。帰宅中「車が水没したので車外に脱出した」と職場に電話で連絡があったが、行方が分からなくなっていた。父は無念さをにじませ「息子が帰ってくるわけじゃないけど、諦めきれない」と語った。

その他地域

政府対応

安倍晋三首相は「激甚災害に指定する方向で調査を進める」との方針を示した。自治体の財政負担を軽くして早期の復旧・復興を支援する。

 

安倍首相台風被災地へ 

東日本を縦断した台風19号の被災状況を把握するため、安倍晋三首相が多くの死者を出した福島県を訪問し、避難所を訪れ被災者を激励した。

帰京後の夜に開かれた政府の非常災害対策本部の会議では、18日に「特定非常災害」への指定を閣議決定することを明らかにした。 

 

 

地域を救った治水施設

 

お見舞いの言葉

台風19号の影響

ご即位パレード延期

政府は台風19号で甚大な被害が出たことを踏まえ、天皇陛下の即位を祝うため9月22日に予定していた東京都内でのパレードを11月10日に延期した。

 

ラグビーW杯

台風19号の影響で3試合が中止となった。1次リーグは中止でも順延ではなく、引き分け扱いになる。

 

カナダ対ナミビア

 

台風19号アラスカへ

 

 

ページトップにもどる