令和の365日

ニュースでつづる令和の毎日

./span>

【東京2020】東京オリンピック・注目された海外選手・外国人選手

東京五輪:注目された外国人選手

令和三年(2021年)7月23日(金)開幕

紆余曲折を経て一年遅れで開催に漕ぎ着けた東京オリンピック。招かれざる客と思われた外国人選手だったが、蓋を開けてみればその個性豊かな存在感に日本中が釘付けとなった。今大会で一躍時の人となった海外選手たちを振り返る。

ジュリアス・セチトレコ 20歳

ウガンダ・ウエイトリフティング

  • Julius Ssekitoleko

7月16日、東京オリンピック事前合宿のため大阪泉佐野市に滞在中だったウガンダのジュリアス・セチトレコ選手(重量挙げ)「生活が厳しい国には戻らない。日本で仕事をしたい」と書き置きを残し忽然と姿を消した。セチトレコ選手は五輪に出場できなくなり成田から帰国予定だった。

熊取駅から名古屋行き新幹線の切符を買ったセチトレコ選手だったが、20日に三重県四日市市で発見。警察の聴取に涙を流していたという。亡命を希望したものの、東京のウガンダ大使館での説得に応じ、21日にカタール航空で成田空港を出発。ドーハ経由で23日朝、ウガンダに到着したが、現地で聴取を受けることになったという。

オルガ・リパコワ 36歳

カザフスタン・陸上三段跳び

  • Olga Rypakova
  • Ольга Сергеевна Рыпакова

7月23日、開会式の選手入場でひときわ目を引いたのが、オルガ・リパコワ選手。物語の中から抜け出してきたようなお姫様然とした優美な姿に日本中が圧倒された。その実力も折り紙つきで、2012年ロンドン五輪陸上女子三段跳びで金メダルを獲得。36歳2児の母だ。

 

f:id:GLT:20210731150023p:plain

ピッタ・タウファトフア 37歳

トンガ・テコンドー

  • Pita Taufatofua

鍛え上げたテカテカの肉体美で度肝を抜いたのはトンガのピタ・タウファトファ選手スキー距離に転向して平昌五輪に出場。リオオリンピックにも出場し、今回が3回目のオリンピック。2大会とも裸の上半身に油を塗った民族衣装姿で登場し、話題となった。トンガ人の父とオーストラリア人の母を持ち、オーストラリア生まれ、トンガ育ち。現在はオーストラリア・ブリスベン在住。

ダリア・ビロディド 20歳

ウクライナ・柔道48キロ級

  • Daria Bilodid
  • Білодід Дар'я Геннадіївна

美しき柔道界の星、ダリア・ビロディドは父親も柔道選手。インスタのフォロワーは40万人に迫り、172センチ48キロの抜群のスタイルで真剣勝負に挑む。日本の渡名喜風南選手に敗れ、銅メダルを獲得した。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

DARIA BILODID(@dariabilodid7)がシェアした投稿

 

楊勇緯 23歳

台湾・柔道60キロ級

  • Yang Yung Wei

日本の金メダル第1号となった髙藤直寿選手の対戦相手として注目を集めたのが銀メダルを獲得した楊勇緯選手。そのイケメンぶりはすぐさま関心を集めTwitterのトレンド入りを果たした。台湾の先住民族パイワン族ルーツを持つ。母国でも早速時の人となり、政府から賞金700万台湾元(約2750万円)を授与されるという。

ジャバド・フォルギ 41歳

イラン・射撃男子10メートルエアピストル

  • Javad Foroughi

射撃男子エアピストルで金メダルを獲得したジャバド・フォルギ選手にテロリスト疑惑が浮上した。イラン革命防衛隊所属のフォルギ選手は2013年からシリアで服務していた当時『テロ活動』に加担した可能性があるという。イラン革命防衛隊はイランイスラム共和国の正規の軍隊ではあるが、敵対国から見ればテロリスト集団に見えるのか、一部スポーツ人権団体から反発が起きているという。

ジェイ・リザーランド 25歳

アメリカ・競泳男子400メートル個人メドレー

  • Jay Litherland

瀬戸大也選手が予選落ちした男子400メートル個人メドレーで銀メダルを獲得したのが米国代表のリザーランド選手。母親は日本人でリザーランド選手は兵庫県尼崎市出身。3つ子の末っ子で関西弁を話す。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 

Jay Litherland(@jaylitherland)がシェアした投稿

 

 

 

ページトップにもどる

 

ベンジャミン・ワンガー 24歳

イスラエル・野球

  • Benjamin Wanger
  • 米国生まれ
  • 東京五輪イスラエル代表になるためイスラエルの市民権を取得
  • イェール大学卒業
  • ハーバートビジネススクールで国際ビジネスの理学修士号取得

イスラエルの野球代表ベンジャミン・ワンガー選手は、東京・晴海の選手村に置かれた段ボール製ベッドの上で跳びはね、破壊する悪ふざけ動画をTikTokで公開。世界中で炎上し、動画は間もなく削除された。

イスラエルのオリンピック委員会は7月29日、日本メディアにワンガーの謝罪動画を送付。ワンガーは「ただベッドの性能をアピールしたかった」「気分を害したことをおわびする」と謝罪した。

反省しきりのワンガーは翌7月30日、熱海土石流の義援金を募るクラウドファンディングを開始。目標の$3,000を上回る$3,400を集めた。寄付金は熱海市に直接送られるという

ルカ・ドンチッチ 22歳

スロベニア・バスケットボール

  • Luka Dončić

クリスツィナ・ツィマノウスカヤ 24歳

ベラルーシ・陸上女子200m

陸上女子200m予選に出場を予定していたベラルーシのクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手が、コーチの不手際を批判したとしてチームを外され、強制帰国を指示された。

羽田空港から出国寸前、ツィマノウスカヤ選手は「投獄される」と帰国命令を拒否しIOCに支援訴え、ポーランド大使館がビザ発給。ポーランドへの亡命を果たした。

バーシム 30歳 & タンベリ 29歳

陸上男子走り高跳び 

  • バーシム (カタール)
  • タンベリ (イタリア)

陸上男子走り高跳び決勝で、2m37を飛んだバーシムとタンベリは2人そろって金メダルに輝いた。もしも記録が並んだ場合は優勝決定のための追加試技が行われるが、今回は100mの決勝が控えていたため、会場の都合で2人が良ければ追加試技を行わず、金メダルを分け合うことを審判が提案。しばし見つめ合った2人は互いに頷き狂喜乱舞。仲良く2人で金メダルを獲得することとなった。

アリカ・シュミット 22歳

ドイツ・陸上混合4×400mリレー

  • Luka Dončić

レーベン・ソーンダーズ 25歳

アメリカ・女子砲丸投げ

  • Raven Saunder

モラ・アンドゥニ 33歳

フランス・男子マラソン

  • Morhad Amdouni

 

ページトップにもどる